【再販?】もう、GETした?イマカツのワイルドバッツが再び店頭に

ワイルドバッツサムネ
はなびっち
今回はイマカツから販売されているワイルドバッツの魅力のご紹介していきます!千鳥ルアーの火付け役ともなったワイドルドバッツの実力とは・・・




イマカツのワイルドバッツが店頭に!

ワイルドバッツ サムネ1

こちらがイマカツのワイルドバッツです

イマカツからワイルドバッツが初めて発売されたのはなんと2010年のこと今から7年前に流行ったルアーがなぜ、今更また店頭に新商品として置いてあるのかは過去にワイルドバッツを使っていた方であればどこか納得できるのではないでしょうか?

少し前から、つい最近バス釣りを始めた方からすれば、見た目はただのクランクベイトです

こちらのイマカツのワイルドバッツですが少し前に流行った千鳥系アクションルアーの火付け役となったルアーです

千鳥系アクションルアーってなに?っと思われる方もいらっしゃると思います

千鳥系アクションはルアーがするであろう通常の動きは違い

不規則にルアーが動くことによってスレ切ったバスのスイッチを入れてしまう力を持つアクションです

千鳥系アクションルアーを何も知らずに使ってみると・・・同じ動作を続けてしないただの不良品と感じてしまうかもしれません

もちろん、イマカツのワイルドバッツも使ってもらえるとわかるのですが同じ動きはせずに通常のクランクのような動きからちょっと気が抜けたフラフラとした動きを発生させます

千鳥系ルアーの良い点は不規則でバスのスイッチを強烈に入れるアクションを特別なロッドワークが必要なく、ただ巻きで勝手に発生られるところです

イマカツのワイルドバッツも通常のクランクベイトと同じ要領でキャスト後にただ巻きすることで強烈な千鳥アクションを起こします

それではワイルドバッツの秘密を見ていきましょう!

ワイルドバッツ 千鳥の秘密!

ワイルドバッツ サムネ2

イマカツのワイルドバッツですがルアー自体のボディーにブレードが付いています

クランクベイトには規則的な動きで安定した動きが常に求められます

カバー周りやストラクチャーに対しての回避能力も安定した動きに続いて要求されます

あんな小さなクランクベイトの形状に多数の機能を求めているんですね!

しかし、イマカツのワイルドバッツではその規則的な安定した動き・カバーやストラクチャーへの回避能力を引き換えに千鳥系・不規則な動きを引き出しています

ボディの後ろにブレードを付けることによりクランクベイトがもつ安定した動きを壊して不規則な動きを作り出しています

その不規則な動きは人の目から見ても「?!?!」と言う感想が出て来ます

逆の言い方をするのであれば安定的に不規則に動くクランクベイトと言うとわかりやすいでしょう

バスから見て通常のクランクベイトは底のカバーやストラクチャーのコンタクトがなければただ安定的に動いてる物体となります

ベイトを積極的に追いかけてる状態などであれば安定的に動いていてもバスに見つけてもらえればバイトまで持ち込むことができます

ですが、食い気のないバスやハイプレッシャーで警戒心の高いバスではこの安定的な動きをするクランクベイトではバスが釣れづらくなってしまいます

ですが、クランクベイトがストラクチャーやカバーにコンタクトしてリップで回避するときの動きでたまらずバスがバイトしてくると言う経験をしたことがみなさんにはあると思います

クランクベイトがストラクチャーやカバーにコンタクトした際ですがクランクベイトはすごく不規則な挙動を行なっています

どうしても水の中での動きで普通は釣り人の目に止まることが少ないですが気になった方はぜひ注意して確認して見てください

これが岩場でクランクベイトを巻くと釣れると言われる原因の1つとなっています

この不規則な動きを何もないオープンウォーターでも再現させたのがイマカツのワイルドバッツ並びに千鳥系アクションを持つルアーとなって来ます

その中でもイマカツのワイルドバッツはいろんなサイズを釣ることができるコンパクトサイズで重さも10g程度とベイトタックルでキャストすれば十分すぎるほどの飛距離が出ます

イマカツならではのルアーの頑丈さもそのままなのである程度ぶつけてもそうそう壊れることはありません

千鳥系ルアーを楽しむなら今がチャンス!

ワイルドバッツ サムネ

イマカツのワイルドバッツは登場して店頭に販売されてた時はよく釣れるので品薄状態が結構続いたのを今でも覚えています

ワイルバッツはルアーの千鳥系アクションも良いですがもう1つ注目してもらいたいのはそのカラーリング!

ワイルドバッツのコウモリマークが入っているものがあるのでとてもカッコカワイイです

コウモリマークが入っていなくても独特のカラーリングがされているのでコレクションしたくなったりする方もいるのではないでしょうか?

千鳥系アクションの火付け役となったワイルドバッツは一時期品薄になったのは噂が一人歩きして流行ったのではなくてバスからすれば驚異的な動きをするので良く釣れてたので人気となったのでしょう

あの時は人気のまま品薄となりいつしか店頭からその姿を見ることが難しくなってました

ですが、今回また店頭でルアーを手に取ることができる機会が登場したのでこのチャンスにイマカツのワイルドバッツをGETして使って見くださいね( ˘ω˘ )コウモリマーク入りが欲しい

はなびっちが最近ハマってるルアー!

【バス釣り】え、ダッジが手に入らない?そんなことよりポンパドールだ!

2017.09.15






ワイルドバッツサムネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと