【バス釣り】数を釣りたい方限定!スモラバで外さない釣りを満喫しよう

スモラバ記事 サムネ




はなびっち
今回は数を釣りたい方限定のスモラバをご紹介していきます!これさえあれば坊主を回避できて数釣りも楽しむことができる良い時間を過ごすことができるかも!

スモラバってなに?


皆さんはスモラバって使ったことはありますでしょうか?

普段よく目にする普通のラバージグを小さくしたラバージグをスモールサイズのラバージグと略して「スモラバ」と呼んでいます

通常のラバージグはラバーが結構分厚くて重さ的には10g ~ 14g程度が通常サイズでしょう

しかし、スモラバはラバーも細かいものが使われており重さは軽く0.8g ~ 3g程度となっています

10g ~ 14gのラバージグはトレーラーをつけると18g程度の重さになるので場合によってはベイトタックルで投げれてもスピニングタックルでは投げれない重さになります

さらに18g程度になってくるとデカバスに的を絞った釣りになるので専用のロッドなどが必要になって来て少し手軽さに欠けてしまいます

その隙間を埋めるのがスモラバの存在です

トレーラを含めても6g程度と言う非常に軽い重さでありながら飛距離は問題無く出てさらに使い勝手も悪くないと言う良いところを持っています

通常のラバージグからデカバスに的を絞った要素を取り除いてあげて様々なサイズを狙えるようにした感じですね

重さは6g程度しかなくさらにサイズも子バスでも一口サイズなのでアングラーからしても手軽に使うことができます

今回はそんなスモラバのオススメの使い方を紹介していきますよ!

オススメは巻きスモラバ!

スモラバの中ではなびっちがオススメなのが巻きスモラバです

最近ではラバージグのトレーラーを工夫して通常であれば底に沈めてゆっくり使うラバージグを中層で巻いて使うことが多くこれは「巻きラバ」と呼ばれています

確かにトレーラー次第ではラバージグにまるで魚が泳いでいるかのような演出をさせることができます

特に秋や春の時期はバスが広範囲に散っておりアングラーからしてもバスの的を絞るのに苦労します

そこでラバージグが持つ集魚能力とトレーラーが持つ動きを組み合わせた巻きラバを使うと投げて巻くだけで広範囲のバスにアピールできてなおかつバスを釣ることができます

この方法を同じようにスモラバでも行えばサイズの小さな巻きラバで広範囲のバスを探ることができて、子バスからデカバスまで様々サイズのバスを釣ることができます

スモラバで1番大事な点はその手軽さです6g程度の重さしかなく飛距離も出て巻くだけで釣れる

スピニングタックルでお手軽に使用可能となると使わない手はありません!

秋や春のバスを釣るのが難しい時期で初心者の方が使用しても小さくても強い味方になってくれるでしょう!

巻きスモラバセッティング

スモラバ

 

 

トレーラー

 

はなびっちが使ってる巻きスモラバのセッティングで使用している製品です

ベースとなるスモラバは正直なところどのメーカーも似たり寄ったりなので1.4 ~ 1.8g程度の重さでの物であればスモラバが浮いて来ずに安定して中層で使用可能です

重要なのがトレーラーの方でこちらはシャッドテールを使用しています

巻きスモラバに肝心なのがこのシャッドテールです

シャッドテールですが巻くとトレーラーの尻尾がプルプルと動きバスにアピールすることができます

ダイワのTGシャッドはワーム自体の身切れが起こることが少なく胴体部分はたのシャッドテールと比べて結構丈夫に作ってるのでスモラバのトレーラーとして長持ちしてくれます

さらに、もしトレーラのシャッドテール部分がギルなどに噛まれて欠損してしまってもストレートワームとなってくれるのでそのまま使うことができます

シャッドテールが欠損してからが実は超釣れたりするのはここだけの話ではなびっちとの秘密です

ハマりすぎ注意の巻きスモラバ!

この記事を見てから巻きスモラバをやってみようと思う方も多いと思いますが

1つ注意してもらいたい点が1つあります

それは、巻きスモラバは広大なフィールドにはあまり向きません

スモラバ自体の重さ・シルエット自体が小さいので広大なフィールドから個体数の少ないバスを探すような状況での使用はオススメできません

どちらかと言えば野池や小規模な川などがオススメです!

広大なフィールドでは逆に通常サイズの巻きラバに軍配が上がるでしょう

その点を考慮してスモラバを使えば数・サイズ共に満足する釣果を得られます

巻きスモラバは通常の沈めて使うだけのラバージグと違い巻くことによってトレーラーのシャッドテールが動作するので夜でもバスを釣ることができます

夜釣りでのトップウォータゲームでどうしても釣れない時のフォローにも十分な活躍をしてくれます

スモラバでも釣果を味わってしまうとスモラバを使うことから抜け出せなくなる場合があるのでそこは注意です

どうしても坊主は避けたい・・・ちょっと数が釣りたいという時、いざという時の切り札として持ち出しましょう!

ぜひ、スモラバで楽しい数釣りをやってみてくださいね( ˘ω˘ )ぶっちゃけ50UPも釣れる

切り札が少ない方はこちらも必見!

【バス釣り】夏場にワームを使ってバスを手軽に釣るたった1つの方法

2017.08.29






スモラバ記事 サムネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと