【バス釣り】春のバス釣り!ルアー選択迷いまくり回




( ‘ω’) はい、はなびっちです

今回は春のバス釣り!ルアー選択迷いまくり回と言うことで

ルアー選択に迷った挙句辿り着いた1日を振り返って行きます

春バス釣りってスポーニングが絡んで来るので

どの状態の魚を狙うかによってルアーのセレクトが大きく変わります

そして、ルアーのセレクトに続いてアクションも大きな要素となるので

冬開けの復帰戦を行う人にはバス釣りの厳しさを改めて

感じる時期ではないでしょうか?

それでは振り返って行きましょう・・・

今回はダム湖から春バス探し

 

 

( ‘ω’)・・・はい、 「福岡県にある笠城ダムにやってきました」

冬に何度か登場したダムではありますが

風景写真だけ増えて魚の写真は増えてません

ちょうど桜が散るくらいの季節なので、池にはアオコのような

桜の葉が綺麗に浮いてました

そこに、鯉が泳いてすごい風流・・・

気になるタックルは?

タックル情報

  • rod  : 疾風七弐 TYPE-W
  • reel : スティーズ SV TW
  • use  : スピナーベイトなどの巻物用
  • rod  : 冴掛 ミッジディレクション
  • reel : 月下美人 
  • use  : ワームとスモールプラグ(癒し系)

 

ダム湖もすでに春

季節は4月に入りましたが、場所によってばらつきがあります

今回のダム湖ではもう、バスがちらほら確認できたので

よっぽど山奥の朝夜冷え込む場所でない限り

九州はもう全域で春バス対策が必要になるのではないでしょうか?

今回はロッドをベイトとスピニングに分けてます

役割としてはこんな感じです

ベイト : スポーニング or アフターのバスを巻物で釣る用

スピナーベイト :  スポーニング全く関係ない子バスを釣る用

もしかしたら、アフターが早くてスポーニング前の餌食べたいバスが

いるかもしれませんが、その辺はどっちに転んでも同じなのであまり気にしてません

特にスピナーベイトやバイブレーションを巻いてるので

鬼のように早巻きをしなければ、どちらでもタイミングが良ければ

食べてくれるでしょう

春バスに惑わされる

ダムの状況は結構満水近いですが

バスは結構動いてる模様・・・岸際で50UPクラスを

見かけたりと生命感はありますが、釣れるかは別の話 ☝︎( ˘ω˘ )☝︎

見えバスに対してスピナーベイト投げる派なので

目の前を通してみましたが、ガン無視されて心折れました

いい場所を求めて川にも行ってみる

 ( ‘ω’) はい、やってきました 犬鳴川でございます!

先週に引き続いて相変わらずの鬼濁りですが

少しでも、良い場所を探すなら川もありな気がしてます

川での狙いどころはやはり流れが緩やかな場所が良いと思います

アフター狙いにしてもプリスポーン狙いにしてもどちらでも

流れが緩やかなところは休憩所みたいな感じになるので

バスも心穏やかと思います

流れが緩やかなところにスピナーベイトを投げてみますが

全く反応無しでした・・・

クランクベイトを巻いてた

お隣さんが鯰を釣りました

40UPくらいの鯰ですが、川の鯰なので超元気です

このくらいのサイズならすごい楽しめますよね

やっぱり僕たちには野池が必要

( ‘ω’)・・・やっぱり最後はこの野池

減水していて最近でかい型が上がっている野池に最後の望みを託しにきました

望みを託したいところですが

雨が降らないようにてるてる坊主でも吊るした方が

いいかもしれない天気でした

この日は春特有の降ったり止んだりの雨でした

ダムは広すぎてどの魚を狙うべきかわからずに

川は濁っていて鯰しか釣れなくて・・・

こんな状態なら素直に小規模な野池に足を運ぶことをお勧めします

小規模であれば、とりあえずまぐれで魚が釣れる確率が跳ね上がるので

子バスに癒されよう

( ‘ω’) ここまで数時間で色々な場所で色々なルアーを投げましたが

辿り着いた答えはこちら!

デカバスが釣れないなら子バスを釣ればいいじゃない!?

ということでおもむろにバックからトラウト用の

シャロークランクを取り出すはなびっち

お隣さんのせこい…セコすぎるとこ声を無視しつつも無情にも野池にキャストで

迷走してバスに見放されてたところに子バスの潤いがスーと効いてきます

サロ◯パス顔負けの効き目でございます

ここは心のオアシスやでぇ〜☝︎( ˘ω˘ )☝︎

ルアーがトラウト用で小さいのでギルも一口サイズで食べてくれます

竿も柔らかめなので、引きはとても楽しめます

子バス狙いが吉とでる??

 

子バス狙いでネコリグ投げたらでかいの釣れた…☝︎( ˘ω˘ )☝︎ 

 

子バスの数を稼ぐためにネコリグに変更して

適当に子バスが泳いでいるであろう岸際に投げてチョンチョンしてると

急にでかいのが持って行ってくれました

子バスを狙ってたのですが

タイミングよくデカバスが欲しかった物にフィットしたのかもしれません

確かに雨が降ってるタイミングでミミズ的なのを投げると

いい感じはしますが、見事にハマったのでこのデカバスでした

春バスのルアー選択は天気に答えあり

( ‘ω’)…そう、今回の答えは雨が降ったり止んだりする中で

考えてみれば雨のおかげでミミズがその辺にわんさか湧いてたので

そのミミズを狙って岸際に来てる可能性もありました

この時はたまたま子バスの気を引くために

ネコリグにしましたが結果オーライと行ったところでしょう

天気がなかなか落ち着かない季節ですが

逆に天気を知ることでルアーが見えてくるかもしれません

( ‘ω’)ノシ では、この辺でバイバイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと