「人と魚釣り」をテーマにFREE MAGAZINEプロジェクトを立ち上げ!

AQUABITでFREE MAGAZINEを製作するプロジェクトを立ち上げました!

今回はAQUABITから突然立ちあがったFREE MAGAZINE製作について、プロジェクトを立ち上げた背景や現状のモックアップをご紹介!

企画から編集、取材と発行、配布手続までひとりでこなすの無理感があるけど、そこがいいんじゃない。

FREE MAGAZINEプロジェクト立ち上げの背景

電子化が進んだ影響か、紙に書かれた文字を読むことが時代遅れになったのか、「本」が売れないと囁かれている近年。スマホはひとり1台持ち、常時インターネットに繋がっているのが当たり前、情報収集に関しても本を頼る必要が無くなったと言っても過言ではないでしょう。

さらに逆風となるのはYoutubeやWEBメディアの台頭で、無料で気軽に誰でも使うことができ、それでいて最新の情報を得ることができる。こんな便利になった時代、情報を得る手段として「本」という媒体はすでに役目を終えたのかもしれません。

それを裏付けるように、幅広い業界で長年発行されてきた雑誌をはじめとする媒体が休刊や廃刊に追い込まれています。もちろん、釣り業界も例外ではありません。むしろ、魚釣りのようなニッチなジャンルは特に影響を受けざるえない状況です。

確かに書籍や雑誌がこれまで役目として持っていた、得られる情報の鮮度、エンターテインメント性に関しては、YouTube動画コンテンツやWEBメディア媒体にその役目を完全に譲りました。しかし、本の役目が完全に終わったわけではありません。

逆に情報の鮮度、エンターテインメント性を他媒体に役目を譲ったことで「本」として本来の役目が見えてきました。その役目とは「読者に充実感を与える」こと、書籍や雑誌を読み終わった読者に何か得るものがあったと感じさせること。

この役目は本以外の他媒体が代わりに担うことはできません。それなら、本が持つ最後の役目でもあり、本来の役目である「読者に充実感を与える」を大切にして雑誌を制作してみたい!

そんな背景と考えがあり、魚釣りの記事を「フリーマガジン」としてまとめるプロジェクトを立ち上げました。

FREE MAGAZINEの現状モックアップ


表紙や実際のコンテンツは現在全力で制作中ですが、表紙や名前などは少しづつ固まってきました。

記事構成や写真の見せ方など、まだまだ試作の段階ですが「まずは雑誌っぽいもの」を目指して制作を進めています。

また、記事を作るために必要不可欠な「取材」に関しても、協力してくれる方にも恵まれました。ですが、まだページを埋めるだけのコンテンツを作成するには「取材数」「記事数」が足りないので協力できる方を探しています。

創刊号の配布予定日と形式

創刊号の発行は2020年10月頃を予定

ただいま微速進行中のプロジェクトですが、2020年10月頃の発行をいったんの目標として制作を進めています。

進行状況に関してはTwitterや当メディアを通して報告していきますので、少しづつ完成する様子をお届けできると思います。

また、取材の裏話などもお届けしていく予定です。

電子版は無料でPDFとKindleで配布

「フリーマガジン」というコンセプトで制作するので、基本的に無料で配布を予定しています。フリーマガジンの入手方法としては、PCで読みたい人は「AQUABITからPDFをダウンロード」、スマホで読みたい人は読みやすさと管理方法を考えて「kindleでの配布」を検討中です。

できるだけ、多くの人が無料で読めるような配布方法を模索していますので、配布方法は今後変わる可能性があります。

紙版はコストの関係で欲しい人だけ注文式を検討中

「フリーマガジン」のコンセプトで制作しているので、紙版でも無料で配布したいのは当然。しかし、紙版は印刷コストも掛かるので紙で欲しい人だけ「紙代 + 送料」を含めた価格で販売予定です。

40P程の薄い雑誌ですが、長期保存できるように上質紙での製本を検討していますが、こちらは創刊号が無事に発行された2020年10月以降となります。

関連記事スポンサードリンク


おすすめの記事