今回は巻きラバでブラックバスを釣るためのおすすめセッティングと使い方をご紹介!

最近のバス釣りシーンで流行中の巻きラバ!春先から晩秋にかけてデカバスを探すのにぴったりなリグとして今では多くのアングラーに浸透しました。

今回はそんな巻きラバを使ってみたい初心者の方から、他のアングラーの巻きラバセッティングが気になる中級者の方に向けて巻きラバ記事をお届けしていきますよ!

そもそも、巻きラバって何?

巻きラバの画像

巻きラバは「ラバージグ」+「シャッド系ワーム」を組みわせて作ったリグです。春先や晩秋にかけてフィールドのデカバスを探すのに使っている方も多いと思います。

ボトムをチェックしたり、普通のルアーでは探れないようなカバー周りやストラクチャーをチェックしたりするのにラバージグを使用します。カバーやストラクチャーにラバージグを打ち込む時にトレーラーを付けると思います。ラバージグにはクロー系やクリーチャー系のトレーラーを付けるのが王道でした。

そこに、シャッド系ワームをラバージグのトレーラーとしてセッティングしたのが「巻きラバ」になります。

シャッド系ワームの尻尾部分のアピールを生かしつつ、ラバージグ部分で飛距離と毛によるアピールを組みわせられるようになったので広範囲からブラックバスを惹きつけられるリグとして有名になりました。

巻きラバは簡単に作れる!

巻きラバの作り方

広範囲からブラックバスを惹きつけることができる巻きラバですが作り方は簡単です。基本的には「ラバージグ」+「シャッド系ワーム」のセッティングであれば巻きラバになってくれます。

シャッド系ワームは近年のブラックバスシーンでは流行中のワームなので釣具店で手に入らないことは無いでしょう。ラバージグも同じく、店頭に置いてない釣具屋さんは少ないでしょう・・・ラバージグに関してはボックスに余らしてる製品でも大丈夫(・∀・)

簡単に作れる巻きラバですが作る時の注意点としては、ラバージグとシャッド系ワームとバランスです。ラバージグに対してシャッド系ワームが極端に小さかったり、大きかったりするとリグ全体のバランスが悪くなるので、その点だけは注意しましょう。

巻きラバの使い方はただ巻きがベスト!

巻きラバの使い方としてはただ巻きがベストになります。無駄なアクションをつけてしまうとフックにラインが絡んでしまう原因になるので、しっかりただ巻きしてあげましょう。

巻きラバのセッティングによりますが、基本的には癖が無くキャスト位置からまっすぐアングラーまで戻ってきます。癖がなく戻ってくるリグなのでブラックバスが居そうなボトムや中層を丁寧にトレースすることができますね。

ただ巻きをしながらもブラックバスが反応する速度を見つけてあげることが重要になってきます。

巻きラバのフォールもバスが釣れる!

巻きラバのフォール時もブラックバスのバイトには注意しましょう。トレーラーがシャッド系ワームになっているので、クロー系やクリーチャー系ワームに比べるとしっかりフォール時もアクションをしています。

巻いていなくもアクションをしている状態なので、ブラックバスからのバイトがあっても不思議ではありません。キャスト後から「フォール中」・「着底後の3秒間」は気を抜いてはいけません。

巻きラバのおすすめセッティング

issei ビビビマルチ

created by Rinker
イッセイ(ISSEI)
¥631 (2019/08/20 22:13:14時点 Amazon調べ-詳細)

issei キャラメルシャッド3.5インチ

created by Rinker
イッセイ(ISSEI)
¥827 (2019/08/21 03:04:54時点 Amazon調べ-詳細)

はなびっちがおすすめする巻きラバは「issei ビビビマルチ」+「issei キャラメルシャッド3.5インチ」のセッティングです。巻きラバのセッティングは数多くありますが、基本的にシャッド系ワームが5インチクラスとボリュームがあります。

ボリュームがあれば、必然とデカバスを探すのに向いているリグになります。しかし、デカバス以外の魚も釣りたい・・・サイズ関係なく魚が釣りたいんじゃ(・∀・)

巻きラバで釣りたいけどサイズを選びたくないアングラーにぴったりな組みわせになっています。トレーラは3.5インチですが、isseiのキャラメルシャッドはワーム自体の水押しがとても強いのでしっかりアピールしてくれます。

おすすめセッティングは初心者でも使いやすい

おすすめの巻きラバ

おすすめ巻きラバセッティングはとてもコンパクトに収まっています。ラバージグのラバー部分から少しだけ、シャッドワームがでている感じです。デカバスを釣るための巻きラバセッティングと比べると、コンパクトサイズで使いやすく、投げれるタックルの幅が広がります。

スピニングタックルで投げるのは厳しいものの、ベイトタックルであれば基本的にキャスト可能です。あとはサイズがコンパクトなので投げる時に不安にならず、安心して使えるサイズ感は初心者の方にぴったりです。




おすすめの巻きラバでデカバスをキャッチ!

巻きラバでデカバスを釣った
巻きラバを投げる場所

「issei ビビビマルチ」+「issei キャラメルシャッド3.5インチ」の巻きラバでただ巻きをしてたら、デカバスが釣れました!

巻きラバで釣れた時はただ巻きでじっくり誘っていたらバイトしてくれたので、ゆっくり巻いてもシャッドワームがしっかり動いてアピールしてくれたみたいです。

ワンド周りのような場所では、巻きラバのようなリグで静かに誘ってあげるとプレッシャーも高くならずに攻めることができます。

飛距離とアピール力でサーチにもぴったり

巻きラバで釣れるブラックバス

サイズ感がコンパクトなのでデカバスだけじゃなく、幅広いサイズが反応してくれるリグになっています。

アフターの時期や晩秋の荒食い時期でブラックバスが広範囲に散ってしまったフィールドでも、コンパクトサイズながらも高飛距離と高いアピール力でブラックバスを惹きつけてくれます。

今回おすすめした巻きラバはコンパクトサイズなので、デカバスを狙ってたら小バスが釣れた!こんなシーンがあると思います。ですが、巻きラバを使ってみたい初心者の方にはぴったりなセッティングと思うのでぜひ、使ってみてくださいね(・∀・)

巻きラバで釣れたシーンを動画で見よう!

おすすめの巻きラバセッティングでブラックバスを釣ってる動画を配信中!巻きラバをワンドエリアに静かに落として、魚にアプローチするシーンまでチェックできます!

巻きラバで釣れるのか不安な初心者の方は動画で実際にヒットシーンを見ると不安が和らいで、モチベーション上がるのでチェックしてみてね!

issei キャラメルシャッドレビュー記事はこちら!

今回のおすすめ巻きラバセッティングでご紹介したキャラメルシャッドのレビュー記事。キャラメルシャッドは単体で使っても充分ブラックバスが釣れます。

発売当初は品薄で店頭から姿を消すほど釣れると噂になった実力とは?キャラメルシャッド使い方やリグの作り方もご紹介してるのでチェックしてみてね!

関連記事&スポンサードリンク


おすすめの記事