自由度の高いISSEIのスパテラ!バスが釣れる秘密と使い方をご紹介!






はなびっち
今回は不思議なくらいなぜか釣れるISSEIのスパテラをテーマにおすすめの使い方と釣れる秘密をご紹介して行きますよ!

ISSEIからリリースされているストレートワームのスパテラ。

各釣具メーカーが凌ぎを削り他社メーカーとは差別化できる製品をリリースする中で、あえてストレートワームをリリースする辺りがISSEIのメーカーとしての自信を感じます。

各メーカが必ずリリースするワーム種別の中にストレートワームは必ずピックアップされており、姿形の差別化がとても難しいワーム種別でしょう。

しかし、不思議な事に釣れるストレートワームとしてはなびっちの中でもマイブームです。

そこで今回はISSEIのスパテラが釣れる理由とおすすめのリグをご紹介して行きますよ!






ISSEIスパテラについて

ISSEIよりリリースされているストレートワームのスパテラですが、特徴的なのは「テール」と「リブ状」でしょう。

通常のストレートワームであればワーム全体がリブ状である場合はありますが、テールが無い製品が多いです。

ISSEIのスパテラの特徴は「テール」「リブ状」でこの2つの特徴を持つ他社製品としては、有名どころで「ゲイリーヤマモト カットテールワーム」が近い存在でしょう。

ISSEIのスパテラをゲイリーヤマモト カットテールワームと比べると、ISSEIのスパテラの方が「テールは丸い」「リブの溝が深い」このような違いを観察する事ができます。

ゲイリーヤマモト カットテールワームもリリースから現在まで、ブラックバスが良く釣れる定番ワームとなっています。

ゲイリーヤマモト カットテールワームを見る限りではISSEIのスパテラも近しい特徴を持っているが故に釣れるストレートワームとしての条件を持っています。

良くバスが釣れるゲイリーヤマモトカットテールワームと特徴は似ていますが、ワームの造形による魚へのアピール力は全く異なってきます。

この違いが他のストレートワームとの差別化を生んでいるのでしょう。

ISSEIスパテラのバリエーション

お手軽に子バスが狙える3インチ

ISSEIスパテラシリーズでもっとも小さな3インチです。

見た目は小魚程度のサイズ感なのでジグヘッドからスプリット・キャロまで幅広く使えます。

子バスに癒してもらいたい場合や、ブラックバスの餌が小魚サイズであればハマるでしょう。

1番オーソドックスに使える4インチ

ISSEIスパテラシリーズでもっともオーソドックスなサイズなのが4インチです。

ジグヘッド・スプリット・キャロ・テキサスまで幅広いリグに対応できます。

ワーム自体の自重もスピニングで投げるにはちょうど良い重さでありながら、4インチとは思えない飛距離を出せるのもおすすめポイントですね。

遠距離も対応できる5インチ

ISSEIスパテラシリーズで飛距離を重視するのであれば使いたいのが5インチです。

ISSEIスパテラシリーズは基本的に高比重のワームでありますが、5インチになるとスピニングタックルを使用したノーシンカーリグで高飛距離を出す事が可能となります。

ネイルリグを入れてタイトにボトムを這わせる演出も可能になるので、3インチより出番が多いのが特徴的です。

ISSEIスパテラの釣れる秘密はリブ状とテールにあり!

ISSEIスパテラの釣れる秘訣としては「リブの深溝」と「テール」に隠されています。

「リブの深溝」が水中で水を多く掴み、水中でアクションした際に水を引っ掻き回す力を大きくします。

さらに、リブの溝が深ければ水を多く掴むので水中でアクションをせず放置していても水流で勝手に動くのも忘れてはいけないポイントです。

ISSEIスパテラに搭載されている「テール」についてですが、実は左右非対称に作られておりアクション時に不規則な動作を起こします。

不規則な動きだからこそナチュラルに見えるのでアクション中は逃げ惑う魚を演出しやすいでしょう。

「リブの深溝」で大きく水を掴み、「テール」で掴んだ水を使って不規則にアクションをさせる事によりシンプルなストレートワームでありながら魚を惹きつける・・・これがISSEIスパテラが釣れる秘密です。

ISSEIスパテラおすすめリグと使い方

イチオシはジグヘッドリグ

ISSEIスパテラはシンプルなストレートワームなので多彩なリグで魚にアプローチする事ができます。

テキサスリグ、ダウンショット、スプリットショット、ジグヘッドまで幅広い対応を見せるISSEIのスパテラですがどのリグにしても相性が良いです。

その中でも試してもらいたいのが「ジグヘッドリグ」です。

ストレートワームのリグとしては基本的でシンプルなリグですが、ISSEIスパテラの特徴をいちばん発揮することができます。

ジグヘッドリグを試したことない方、久々にシンプルなリグで釣りたい方は試してもらいたいです。

それでは、ISSEIスパテラでジグヘッドリグを作成するときのコツを確認してきましょう。

ポイントはリブにまっすぐ針を刺す

ISSEIスパテラを使ったジグヘッドリグの作成方法ですが、注目してもらいたいのがテールリブの向きです。

ワームのテールリブが縦になる向きでジグヘッド針をセットすると、ISSEIスパテラのジグヘッドリグで魚へのアピール力と釣果が変わってきます。

テールリブが縦の状態だと、ワームのステイ時とアクション時共に水中の水流を受けてテールリブがランダムに動きやすくなります。

「ジグヘッドリグを作る時はテールリブは縦方向」これをしっかり意識してリグを作成できれば、魚へのアプローチと釣果をより期待できるでしょう。

使い方は中層でのスイミングがおすすめ

ISSEIスパテラを使用したジグヘッドリグは中層スイミングで魚へアプローチするのがおすすめです。

イメージとしては中層を泳ぐ魚を考えながら、水中を泳がせてみましょう。

ISSEIスパテラはボディのリブ溝が深く水を引っ掻き回す力が強いために、中層スイミングを行うと表層から中層で小魚を探している魚に対して良いアプローチができます。

さらに、ワーム自体が高比重なので飛距離も稼ぐことができます。

ジグヘッドリグの中層スイミングは春〜秋まで幅広い季節に対応できるので、実際に試しやすいのも良いポイントですね。

ボトム放置もバスに有効

ISSEIスパテラを使ったジグヘッドですが中層スイミング以外にもボトム放置が効果的です。

中層で永遠とアクションを続けるスイミングに対して、ボトムでアクションをさせない放置は対照的です。

ボトム放置で釣れる理由としては、アングラーが側でアクションさせてなくても水中の水圧で勝手にワームが微妙に動いているからです。

イメージとしては「ボトムで放置」、「10秒待つ」、「少し動かす」、「ボトム放置」を繰り返して少しづつワームの居場所を変えながら魚にアプローチしてみましょう。

放置中もワームは微妙な波動を出しているので、ザリガニやボトムに張り付いてる小さな魚を探してるブラックバスからすれば格好の餌となります。

中層スイミングでブラックバスが見つからない場合は、ぜひ試してみてください。





自由度の高いISSEIスパテラでバスを釣ろう!

ISSEIスパテラが釣れる秘密とおすすめのリグと使い方をご紹介していきました。

ストレートワームというシンプルなワームでありながらも、「リブ溝の深さ」「テールの形」2つの特徴を備えているので数多くあるストレートワーム製品と差別化できているのでスパテラでしか釣れない魚も出てくるでしょう。

さらに、シンプルなボディであるために多彩なリグに対応できる柔軟性と高比重から生まれる飛距離でジグヘッドリグ以外の選択肢も広げてくれます。

これまでストレートワームを使わなかった方、新しいリグにチャレンジしてみたい方はISSEIスパテラを試してみてくださいね・・・不思議なくらい釣れる( ˘ω˘ )

ISSEI製品が好きな方、試してみたい方へのおすすめ記事!

【バス釣り】一誠 キャラメルシャッドをインプレ!使い方と実力はいかに?!

2017.11.05

【バス釣り】一誠 ハスゴップが釣れそうなポイント3点!

2017.10.15

関連記事&スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと