巻物で爆釣れする秋に突入!ソウルシャッドを使った秋の数釣りパターンをご紹介!






はなびっち
秋と言えば巻物で爆釣!今回はソウルシャッドを使った秋の数釣りパターンをご紹介します。冬が来る前にたくさん釣っておこう

今回は秋と言えば巻物で爆釣れパターン!

夏の厳しい日差しの元では、バスの活性が高い時間も朝と夜に限られてしまいアングラーが活気良いバスと出会える確率が低くなってしまいます。

ですが、気温が少し落ち着いて来た秋では朝・昼・夜に限らずにバスが積極的に餌を追いかけ始めるのでアングラーが活気のあるバスと出会う確率が飛躍的に上がります。

そこで、今回はジャッカルのソウルシャッドを使用して秋の荒喰いバスをたくさん釣るパターンをご紹介しますよ!






ジャッカルソウルシャッドについて

秋の荒喰いバスに対して驚異的なアピールをするルアーが、ジャッカルのソウルシャッドです。

シャッドと言えば冬から春にかけて活性が低いバスを釣るために効果的なルアー種別となっています。

冬から春にかけて効果的なルアー種別であるシャッドですが、ジャッカルのソウルシャッドについては秋の数釣りパターンにもハマって来ます。

ソウルシャッドは発売から数年がたった今でも、多くのバスを魅了すると共にリピートするアングラーも多い人気のルアーとなっています。

ジャッカルのルアーが大好きな方はもちろんのこと、普段他のメーカーを使用されている方でもシャッドに関してはソウルシャッドをタックルBOXに忍ばせている方も多いでしょう。

シャッドの使い方を復習できる記事!

【バス釣り】シャッドで釣るために大切な2つ使い方!

2017.10.12

ソウルシャッドが秋の数釣りに向いてる理由

シャッドはルアー種別の中でもサイズ感が小さい分、各メーカーが凌ぎを削っても結果的に似たようなルアーに落ち着いて来ます。

ではなぜ、他メーカーのシャッドでは冬から春でしか注目されないのにジャッカルのソウルシャッドだけ秋の数釣りパターンにハマってくるのでしょうか?

・ポイントは反則的に釣れる高速早巻き

ソウルシャッドが好きなアングラーであれば、既にご存知の方も多いと思いますがソウルシャッドには「高速早巻き」という最強の武器を持っています。

他社のシャッドであればバランスを崩してしまうような速度でルアーを巻いても、ソウルシャッドはバランスを崩さずに戻って来ます。

バランスを崩さずに戻ってくるだけも凄いのに、ソウルシャッドの高速早巻きにはバスを魅了する力を秘めています。

ソウルシャッドの高速早巻きが釣れる理由としては、ソウルシャッドのサイズ感で高速早巻きをされるとアングラーから見ても「どう見ても逃げ惑う魚」となります。

もちろん、魚から見ても「どう見ても逃げ惑う魚」状態であり、ルアーの特徴である硬い動きは高速早巻きから発生する動きと反射で消されている状態になっています。

さらに、他メーカーのシャッドでは同じ速度で高速早巻きに対応していないのも釣れる要因の1つでしょう。





秋の数釣りで狙うべき場所

秋の活性の高いバスを釣るには護岸沿いのストラクチャーをメインに狙っていきましょう。

暑い日が続いた夏場では、護岸沿いは灼熱地獄となりバスが居着く時間が限られてましたが季節が秋になった事でバスが居着く1級スポットに変わっています。

元々居着いていたバス・回遊してくるバスが両方護岸沿いのストラクチャーに対して餌を求め近寄って来ます。

護岸沿いのストラクチャーに対してソウルシャッドを高速早巻きで通してみましょう。

タイミングがよければ投げる度に、いろんなサイズなバスがジャッカルのソウルシャッドに激突して来てくれます。

足元はバイトが多いポイント!

高速早巻きでソウルシャッドを巻いているために、バスもスイッチが入っており本気で追いかけて来ます。

足元にルアーが近づくと巻き速度が落ちるために、ルアーとバスが衝突する形となり護岸沿いの足元バイトが多発する原因となります。

アングラーからしてみれば足元だからルアーを回収するために気が抜けてますが、ソウルシャッドの高速巻きの際は足元まで気を抜いてはいけません・・・気を抜いてると基本的にバラします。

高速巻きで秋の荒喰いバスを狙え!

ソウルシャッドの高速早巻きで秋の荒喰いバスを狙うと、サイズ問わず数を釣る事ができます。

ルアーのボリューム・動きでバイトを狙う形では無く、反射で魚にアプローチする形となるので子バスからデカバスまで様々なサイズを釣る事ができます!

ですが、逆を言えばバスのサイズを選べない秋の荒喰いパターンとなりますのでデカバスを狙って行きたい方は要注意です・・・楽しくて辞めれなくなります。

ですが、これから冬になるに掛けてどんどんバスの活性も落ちてくるので釣れづらくなって行くでしょう。

冬になるまでに、荒喰いバスを1匹でも多く釣りたい方には今回ご紹介したソウルシャッドを使った秋の荒喰いパターンはすごくオススメです。

メインで釣れるのは子バッチや通常サイズですが、反射でバイトに持ち込むのでデカバスに対しても有効なパターンとなります。

足元まで本気で追いかけてくるバスを見る事ができる、面白くて釣れるパターンですのでぜひ、試してくださいね・・・めっちゃ足元でバイトする( ˘ω˘ )

ソウルシャッドのご購入はこちらから!

関連記事&スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと