【管理釣り】これで釣れなかったら諦めて!初心者でもトラウトが釣れるオススメルアー5選




はなびっち
今回は管理釣り場でのトラウトフィッシングで魚が釣りたい初心者の方にオススメのトラウトルアーを5つご紹介!これを投げて釣れなければ諦めて!

1.リセント Xスティック(棒ちゃん)

管理釣り場でトラウトを釣りたい初心者にオススメしたいルアーとして最初にご紹介するのはXスティックです。

ご覧くださいこの現代のルアー造形にあるまじきやる気の無さを・・・この世には「Simple is the best」という言葉がありますが、余りにもシンプルにしすぎてタダの棒に針が付いている状態です。

こんなのルアーと認めないと思う方も多いと思います。ルアーはしっかり動いて魚を誘う物と言う概念を見事に打ち破ってくれるタイプのルアーです。バス釣りで言えば i字形ルアーに近いですね。

しかも、使い方は簡単で投げて巻くだけで不思議な事に管理釣り場に放流されているトラウト達が群がって来ます。何故このシンプルなルアーでトラウトが釣れてしまうのか、難しい理由は置いておいて管理釣り場デビューして間もないとりあえずトラウトが釣りたい初心者の方にはオススメルアーです。

管理釣り場でのトラウトを釣るための基本となるスプーンを大量に買うのであれば、その中にXスティック(棒ちゃん)を1つ忍ばせてあげると良いでしょう。スプーンの選択が分からずに釣れない時に使えばお手軽に1匹釣ることが出来ます。

ゆういつの弱点とすればシンプルを追求しすぎた故に飛距離が全くでない事ぐらいでしょう。しかし、手前の見えてる魚を誘惑しバイトの瞬間も観れるので全く問題ありません。

2.ZacT craft セニョールトルネード

管理釣り場でトラウトを釣りたい初心者の方にオススメする2つ目のルアーはセニュールトルネードです。

こちらも、通常のルアーの常識を大きく変える形・動きをしています。キャスト時に指に巻きつけて螺旋状にしたものをトラウト達が放たれてるポンドにキャストして通常の速度で巻くとあら不思議・・・ルアーが回転しながら返って来ます。

螺旋状に回転するルアーの後ろを興味津々に付いて来るトラウト達を飽きるほど見ることができるでしょう。しかも、先ほどご紹介した棒ちゃんと比べると飛距離も出るので遠方にいるトラウトも狙うことが出来ます。

セニュールトルネードは管理釣り場によっては使用禁止になるほどの釣果を管理釣り場デビュー間もない初心者からベテランまで幅広い層にもたらしてくれます。使用する際は釣りに行く管理釣り場のルールーを確認して使用しましょう。

もし、使用可能であればトラウト釣りをやったことない女性やお子さんに使ってもらうのがオススメです。棒ちゃんと比べて簡単に飛距離が出てなおかつ釣れやすいので、釣れない思い出よりも釣れる思い出を持ち帰ってもらいましょう。

3.シマノカーディフ ふあとろ

管理釣り場でトラウトを釣りたい初心者にオススメのルアー3つ目はシマノから出ているカーディフ ふあとろです。

「ふあとろ」と言うルアーの名前からして既に釣れそうな感じがすごくしますね。名前の通り投げて巻くだけで良く釣れるクランクベイトとして有名です。

ふあとろの使い方は基本的には投げて巻くだけですが、巻くスピードにコツがあります。巻くスピードは早巻きではなく「ゆっくり巻く」事です。

ゆっくり巻くの速度感ですがジョイントになってる尻尾がゆらゆらと揺らめく程度の速度で大丈夫です。逆に早く巻いてしまうとルアーがバランスを崩してしまし、たちまち釣れないルアーになりますのでその点だけ注意しましょう。

飛距離もそこそこ出るので、幅広い層のトラウトに対してアプローチが可能です。しかも、季節は春夏秋冬を選ばずに使うことができるので手持ちのルアーとして1つあれば多くの局面をカバーできますのでオススです。

中層で使える管理釣り場で使えるクランクベイトをお探しであれば、釣具屋さんにも良く置いてありますので入手もしやすいので間違いなくオススメできるルアーです。

4.ジャッカル ティモン ミッツSR ドライ

管理釣り場でトラウトを釣りたい初心者の方にオススメする4つ目のルアーはジャッカル ティモン ミッツドライSRです。

先ほどオススメした中層をチェックするクランベイトの「ふあとろ」と比べると、こちらはシャロークランクの分類に入ります。

「ふあとろ」が春夏秋冬で安定して釣果を得られるのに対して、「ミッツドライSR」では夏・秋にかけて主に表層でのトラウトを狙う場合に限り「ふあとろ」を凌ぐ釣果を得ることができます。

管理釣り場でポンドに放流されているトラウトを狙うと言えども必ず関係してくるのが季節感の問題です。季節感をうまく利用してしっかりルアーを選択することによって、適当にルアーを選ぶ初心者から1歩づつ成長していきます。

普段は「ふあとろ」の様な中層でゆっくり使用すれば釣果を得ることができるルアーを使いつつ、夏・秋のタイミングの良いところです普段とは違った層をシャロークランクでチェックしてみと行った釣りを試してみましょう。

シャロークランクにトラウトが飛びついてくるバイトシーンが間近でみれたりするので、管理釣り場でのトラウトフィッシングがさらに楽しくなるでしょう。

5.ジャッカル ティモン タップダンサー

管理釣り場でトラウトを釣りたい初心者の方にオススメする5つ目のルアーはジャッカル ティモン タップダンサーです。

タップダンサーのルアー種別はバイブレーションです。こちらの使い方も投げて巻くだけでルアーが勝手に振動してトラウトを誘惑して釣ることができます。

先にオススメしたクランクベイトとの大きな違いはその飛距離にあります。バイブレーション特有の飛距離と投げて巻くだけで広範囲をチェックできるお手軽から多くのトラウトに対してアプローチできるので初心者にはオススメです。

特に管理釣り場で手前を悠々と泳ぐトラウトに全く相手にされない状況が初心者には良くあります。この様な状況の時は手前のトラウト達にガン無視を決めて、遠くにいて油断しているトラウトに対してアプローチをしてみましょう。

管理釣り場でのトラウト初心者の方がキャストしても結構が飛距離ができますので、広いポンドでも問題無く広範囲を探れるのはクランクベイトにはできない釣り方です。

バイブレーションの放置も釣れる!

バイブレーションの使い方でトラウト初心者の方にぜひ、試してもらいたいのが放置です。

タップダンサーの形状は実はボトムで放置しても、ルアーが引っかかりズラい形状になっています。ポンドの状態により実はルアーが動いているより、止まっている方が釣れる時がありますのでどんなルアーでも釣れない時はぜひ、試してみてください!

これで釣り切れば晴れてあなたは初心者卒業でしょう。

初心者でも管理釣り場は楽しめる!

管理釣り場でトラウトが釣りたい初心者の方に向けてオススメルアーを5つご紹介しました。

管理釣り場ではポンドにトラウトが放流されており、まじかで水中を悠々と泳ぐトラウト達を見ることができます。しかし、実際にやって見るとすぐにわかるのですが初心者・中級者・上級者では経験値の違いから明らかに釣果が異なってきます。

特に初心者のうちは周りがいっぱい釣れているのにも関わらず、自分だけが釣れていないと言う状況に良く出くわすためにトラウト釣りは難しいと感じてしまいます。

はっきり言ってトラウト釣りは難しいです。ですが、それはトラウトを釣るためのルアーを限定してしまった場合の話です。ルアーを限定しなければ「それは、反則!」と言われるルアーを使ってしまいましょう。

良く釣れるルアーで満足できなくなってくれば、あなたはもう管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しむ初心者ではなく、一歩成長した中級者になっています。

初心者の間に季節に関係なく良く釣れるルアーで沢山魚を釣って、中級者になって季節に絡めたルアーを使って沢山魚を釣っていく事が管理釣り場でのトラウトフィッシングを楽しくさせてくれるでしょう( ˘ω˘ ) トラウト釣りはめっちゃ楽しい!

管理釣り場でのオススメ記事はこちら

【管理釣り場】今年の夏はこれで爆釣!夏のトラウトパターンをご紹介!!

2018.06.20

【釣旅っと】雪舞う大分県フィッシングてらとこで極寒トラウトゲーム・釣り編

2018.04.24






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA