今回はかさばってしまう釣具小物をコンパクトにまとめられる、便利なルアーケースをご紹介!

ブラックバス釣り、管理釣り、幅広い釣りに限らず多数の小物道具を持ち運ぶことになります。ブラックバス釣りでは「シンカー」・「ネイルリグ」など、魚を釣るには今や必須の小物アイテムです。

ワームで魚釣りを行うかたは特に小物道具の持ち運びに困るでしょう。そこで、おすすめのダイワ ルアーケース スティーズ 122NJを買ったので収納力を見ていきましょう。

ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJ

ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJ画像

バス釣りをしているとどうしてもかさばるものがあります。それがワームのリグなどで使用する針・シンカーなどの小物類です。

ワームなどを普段使用しない方でも釣りで使用しているバックにはある程度の小物が入っています。ワームを使用した釣りをベースとしている方であれば常に小物類の整理との戦いです。

そんな小物類の整理との争いに終止符を打ってくれるのが小物ケースです。針やシンカーを小分けしたケースに収めておくと、買った時に入っているパッケージから取り出す煩わしさや、かさばるパッケージから目的の番数の針を取り出す時に選び出しやすくなります。

さらに、パッケージから針を取り出す時に地味に、出た針先に指が刺さりづらいもの良いでしょう。バス釣りで使用する針では結構細くて刺さりやすい針が販売されているので、ふっとした拍子に刺さって痛いです。

バス釣り使用する小物ケースは様々なメーカーから多機能の物がたくさん発売されていますが、今回はダイワ ルアーケース スティーズ 122NJ をレビューしてきますよ。

2種類の収納スペースが使用可能!

ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJ 画像2
バス釣りで使用する小物ケースである ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJ は大きく分けて2パターンの収納スペースが用意されています。

片方は細かく区切られた8つの収納ポケット、もう片方は前面を使用できる幅広いスペースとなっています。

ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJ 画像3

細かく区切られた8つの収納ポケットは容量が少ない気がしますが、8ポケットあるので小物を取り分けるにはいい感じです。幅広く使用できるスペースは、普段使用する小物次第で区切る範囲を調整できますね。

こちらが、ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJの幅広いスペースを区切ってみました。小物スペースの縦横に区切るための調節幅が用意されています。これで、持っている小物に対して柔軟に区切りを振り分けができます。

小物ケースにアイテムを詰めてみよう!

小物ケース4

ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJ 小物ケースに実際に普段使用している小物を詰め込んでみました!普段すごくかさばっていた小物類は全て小物ケースに格納できました。

スペースの区切り方によって格納できる幅が広がりますね。小物ケースの8ポケットにはネコリグで使用する用の小さな針やスナップ・ネイルシンカーを格納しました。

幅が広いスペースは4区切りにして比重が重いものと長めの小物を格納しています。コンパクトな見た目の小物ケースにこれだけの小物を格納できるのはちょっとテンション上がります。

8ポケットスペースをチェック!

小物ケース5

ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJ 小物ケースの8ポケット部分です。

2番サイズのオフセットフックが想像以上に格納できたのが驚きでした。ワッキー掛けで使用するバス釣り用フックが多めですがオフセットがメインの方でも満足できる格納スペースがあります。

外側の小さな4ポケットも見た目は、少ないスペースですがスナップ・サルカン・ネイルシンカーを格納するといい感じに数を納める事が可能です。

スナップはパッケージから取り出す時にスナップをこぼしてしまう時がありましたが、これで取り出しやすくなりました。あと、ケースに収めることで釣り用バックの中でスナップパッケージをひっくり返してしまって涙目にならずに済みます。

柔軟な対応が可能なスペース

小物ケース6

ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJ 小物ケースの幅が広いスペース側です。

今回は4区切りにして1番右のスペースだけスペースを広めにしてみました。ちなみにこちらの側に格納しているオフセットは3番フックです。

そこそこサイズがある3番オフセットですが、格納されていますね。あれだけの数があれば1日持ちますね。

ジカリグ専用のフックに関しては、重りと針が一体化しているのでどうしても場所を取ってしまいます。ですが、このスペースは深溝で余裕があるのでダウンショット用の重りなども格納できます。

ネコリグを使う方は、ネイルシンカーが大量にかさばりますよね。こちらの深溝の方に格納してあげると、大量に格納できワームが尽きるまでネコリグが作成可能です。





シンプルにコンパクト

小物ケース7

ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJ 小物ケースに大量の小物を格納できる事が確認できたところで小物ケース自体の幅をチェックしてみましょう!

小物ケースの幅ですがとてもコンパクトになっています。見た目は任天堂の3DSのようなサイズ感です。

これだけコンパクトであれば釣り用のバックが小さくても気にせずに収納する事ができます。

小物類をパッケージごと収納する方はわかると思いますが、パッケージで管理すると収納する時に針の号数がバラバラになり、釣りの時にリグを作ろうとすると小物が無い!っていう事がたまにあります。

ですが、このような小物を使用すれば小さなイライラを解消してくれるのでこの際試してみることをおすすめします。コンパクトでシンプルに小物を格納できるアイテムですが、お値段はルアー1個分で済むのでお財布にも優しいですね。

小物類がかさばり初めてて小物ケースを探してると言う方はぜひ、試してみてくださいね!

ダイワ ルアーケース スティーズ 122NJはAmazonで購入できる!

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥837 (2019/09/15 11:39:41時点 Amazon調べ-詳細)

ルアーケースは釣具店で色んな種類を購入できます。釣具店の大きさによっては、ルアーケースが置いてない場合があります。その際は他のルアーといっしょにAmazonで購入するのも良いでしょう。

スピナーベイトの格納に困ってる方はこちら

かさばるのは釣具小物だけじゃない!スピナーベイトも数が増えるとタックルボックスのスペースを取ります。そこで、スピナーベイトを良く使うはなびっちがおすすめのスピナーベイト収納アイテムをご紹介!

関連記事スポンサードリンク



おすすめの記事