【バス釣り】え、ダッジが手に入らない?そんなことよりポンパドールだ!






はなびっち
今回は今流行りの羽根モノルアーの中で使用・入手が簡単でバスが釣れるJACKALL ポンパドールjrの魅力をお伝えしますよ!

これさえあればダッジは必要ない!






JACKALL ポンパドールjr

ポンパドールの画像1

バス釣りのルアー分類の中ではトップウォターに分類される羽根モノルアー

羽根モノルアーに関してはその歴史は以外に古く初期のルアーはウッド製のルアーに金属の羽をつけた物が使用されていました

羽根モノルアーはその見た目や動きは全く自然界に内容な物でどちらかというと自然界に向かって喧嘩を売っているような動きと形をしています

似たようなところではジッターバグなどのノイジー系のルアーもありますね

最近まで羽根モノルアーと言えばどちらかというと他の流行りルアーの影に隠れてあまり光が当たりませんでしたが

レイドジャパンから発売されているダッジの登場によって一気に人気が高まりました

ダッジのおかけで羽根モノルアーは実はすごいバス釣れることが日本中知れ渡り羽根モノルアー人気の火を再び灯したと言っても過言ではないでしょう

しかし、問題は羽根モノルアーの人気を再び灯したダッジにだけ注目が集まってしまったことです

  • どこの釣具屋さんでもダッジ自体が品薄になってしまい手に入らない・・・
  • ダッジ自体の値段も高いのでそもそも手に入らない・・・
  • 羽根モノルアーを試したいけどダッジ自体が重たすぎて投げれる竿がない・・・

そんな問題が日本中を襲っています

でも、ちょっと待ってください!羽根モノルアーは店内にまだいっぱいあります!!

そんな数あるルアーの中からダッジに頼らずとも羽根モノルアーが楽しめる物をチョイスすると

オススメとして上がってきたのはJACKALL マイクロ ポンパドールです

見てください、この可愛らしい見た目を・・・

遠い祖先であるクレイジークローラーから受け継いだ金属の羽もしっかりついています

目元もポンパドール jrの方が愛嬌がありますね

今回はそんなJACKALL マイクロ ポンパドールの魅力をお伝えして行きますよ!

タックルを選ばずに使える重さ

ポンパドールの画像2

通常の羽根モノルアーは形状が大きなものが多くて重さもそこそこあるようなルアーが非常に多いです

ちなみにダッジの重さは32gとどうしてもタックルを選んでしまいます

ですが、JACKALL マイクロ ポンパドールのルアー自体の重さは6.5gとベイトタックル・スピニングタックル問わず使用ができる重さです

どちらのタックルで投げてもそれなりの飛距離を出すことができます

このJACKALL マイクロ ポンパドールの6.5gと言う重さが非常に絶妙でタックルを選ばないと言うのが非常に使いやすいです

キャスト後の着水音はルアーのシルエット・重さ自体が小さいので結構控えめな着水音を出してくれます

大きなルアーで大きな着水音を出すのに抵抗がある方やナイーブなバスを狙ってる方にはちょうど良いでしょう

しっかり動いてバスを釣る

JACKALL マイクロ ポンパドールですが6.5gと言うそのマイクロサイズの見た目からは想像もできないほどアクションします

アクション方法はただ巻き・できるだけルアーを動かさない首振りと2つのアクション方法があります

ただ巻きをした場合はノイジー系の羽をパタパタさせながらかつポコポコと音を立てて手前に戻ってきます

ルアーをできるだけ動かさない首振りアクションは金属の羽を生かしてもがく虫のような動作をしてくれます

どちらを使うかの使い分けですが

・障害物周りはルアーをできるだけ動かさない首振りアクション

・オープンウォーターはただ巻き

このような使い分けをすると釣果が上がるでしょう

マイクロサイズのルアーでしっかりアクションしてくれるので子バスもバッチリ釣ることができます

ダッジのような大きな羽根モノルアーでは子バスのようなサイズはちょっと釣れづらくなりますがマイクロサイズだとこのサイズも楽しめます

野池などの子場所でもこの点はメリットになるのではないでしょうか?





小さくてもデカバスが釣れる!

ポンパドール画像3

ダッジのようにハイアピールでバスに対して大きなアピールができるルアーと比べて

JACKALL マイクロポンパドールのだすアクションは重さとシルエットからアクションが小さくてちょっとバスへのアピールが足りなくて不安だと思われる方も多いと思います

ですが・・・心配はご無用です!

マイクロポンパドールを使用してバッチリナイス体高の40UPを確保してきました!

着水後に波紋が消えるまで何もせずステイさせていると水面が割れてルアーが消えました

なかなかな引きと共に上がってきたのがこちらのデカバスでした

羽根モノルアー特有の放置してるだけでなぜか釣れてしまうの魔力もマイクロポンパドールはしっかり持っています

羽根モノルアーは同じトップウォターであるポッパー・ペンシルなどと比べても格段に放置中のバイトが多く

そのバイトも結構派手なので羽根モノルアーにハマる要素の1つでしょう

これだけサイズが小さいのにしっかりバスを惹きつける魔力を持っているのは心強いですね

羽根モノルアーをお手軽に楽しもう!

ポンパドール画像5

はい、と言うことでバス釣り界で今流行りの羽根モノルアーであるダッジに注目が集まっていますがJACKALL マイクロポンパドールをご紹介してみました

ダッジに並び他に人気のある羽根モノルアーも基本的には重量が重くてロッド・リールを選んでしまう傾向にあります

ですが、マイクロポンパドールのような手頃なサイズでタックルを選ばないルアーでもバッチリバスを釣ることができます

ダッジにしてもマイクロポンパドールにしても羽根モノルアーを楽しむと言うことに関しては差はありません

ただどうしても道具を選んでしまう・入手が困難になってしまうと言う点で羽根モノルアーに触れる機会を失ってしまっているのが非常に勿体無いです

ダッジが手に入らないから羽根モノルアーから手を引くのではなくて店頭にある手に入るもの・自分のタックル・釣具でも対応ができるものをセレクトして使ってみることをオススメします

その中でもマイクロポンパドールはどの釣具店でも基本的に置いてあるJACKALLと言う大手のメーカーでありルアー自体の供給も間に合っているはずです

ぜひ、秋が深まる前にマイクロポンパドールで羽根モノルアーの楽しさを味わってくださいね!

ぶっちゃけはなびっちもダッジ入手できてない( ˘ω˘ )チクセウ

注目されているルアーが全てじゃない

バス釣りに限らず生きていると常に物の流行り廃りに触れることができます

みんなが流行りのルアーを使用してバスを釣っていると自分ももちろん欲しくなりますよね

しかし、それはただの罠・・・素直に流行りの物を手に入れて喜ぶのではなくて代わりとなるものもっと良いものを探してみましょう!

注目の影に隠れていた光るものを見つけることができれば強い武器になります

トップウォーターの基礎って知ってる!?

【保存版】ポッパーを使ってバスを釣るたった3つの方法

2017.08.31

関連記事&スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと