(  ‘ω’) はい、こんにちは!

季節は梅雨後半になってきました。これまで降らなかった雨がまとめて降ってきた感じで、野池・川共に大増水と濁りでフィールドが大きく変化してます

今回はその中でもプラグなのかルアーなのかで迷った挙句になんとか良いバスを1匹釣る事ができた1日をお送りします。

大増水で何が変わるのか?

そもそも、野池・川に一気に雨が降ってきて何が変わるかと言う所から考えてみましょう。

梅雨前の野池の状況は大減水状態で水が減りすぎて、釣り人としてもバス・その他魚が不憫に思うくらいでした。人間界に例えるなら出勤ラッシュ時の山手線内の酸素量だったでしょう。

人間でもきついのに魚となれば尚更です。そこに、増水で一気に水が増えると、水中の酸素量が増えてブラックバスをはじめとする水中生物の活性が上がります。

これまで同じ行動をしてた魚が一気に餌を探しに動くので、先週までこれで釣れたのに・・・。と言い訳ができるほど増水時の動きは変わります。

心なしか増水しててもしてなくても毎週のように、先週はこのルアーで釣れてたのにー!って言ってる気がしてなりません。ちなみに増水による魚側のデメリットはほとんどありません。

そして、魚側のメリット書き終えたので人間側のメリットを書こうと思いますが、びっくりするくらい見当たらなかったのでデメリットを上げていきます。まず、人間が投げてチェックすることのできる範囲が野池が広がった分どうしても少なくなってしまいます。

これまで減水で野池の中央までチェックが可能な場合もあったと思いますが、野池・川が満水時の場合はよほど小場所で無い限り全範囲のチェックは厳しいでしょう。そして、これまでのルアー選択があてになりません。この日は特にミノー系でチェックしてましたが全く無反応でした。

野池からの日照り反射も合間って暑さも結構な凶器となってます。増水に至っては本当に人間側にメリットが感じられません。いつのまにか片足が水に浸かってたりするので帰りたくなります。

増水時にルアー選択について


今回のバス釣りでの増水野池に対してのルアー・プラグの選択ですが、最初は表層をミノー・トップウォーター系でチェックしてみました。全くの無反応・・・無視パターンもまだ早いのか不発に終わってました。

中層でクランクでも巻こうかなと思いましたが、過去に雨が降った時に中層でネコリグが釣れた事を思い出したので試してみることにしました。

過去の雨パターンでデカバス釣れた記事はこちら

使用したワームは ダイワNEKOストレート。ワームの本数が結構入っていてそれでいてお値段は高く無いので、ワームをいっぱい使う人にはおすすめです。

プラグと違ってワームは消耗品って感じがしますが、消耗が早いとプラグよりお金かかる時があるので注意したい所ですね。




増水時は中層ネコリグがオススメ!

野池の中央にネコリグにしたワームを放り投げて、中層を維持してシェイクしてるとつーっとラインが走ったのでゆっくりあわせてみました。そして、上がってきたのはこちらのナイスバス!

ネコリグで無事にいいサイズのバスが釣れました!結構ガリガリだったので減水時にあまり餌が食べれず、これから餌を食べようとしてる所だったかもしれませんね。

時期的な増水で急に水が増えましたが、増水前の表層付近の層を維持してぷかぷか浮いてた感じのバスに雨で流れ来たミミズがうねうねしながらやってきたっと言う所でしょうか!

はなびっちがバスでも食べてしまうような好条件ですね!

ワーム自体は細長いストレート系ですが、ネコリグにしてシェイクするとしっかり波動も出るのでバスに対してしっかりアピールできていたのでしょう!

ワームを使ってバスを釣るのって本当に繊細だと思います。それでは皆さんも梅雨の増水に負けずにバスを釣ってくださいね!

関連記事&スポンサードリンク


おすすめの記事