【バス釣り】梅雨の濁りでもバスを釣る方法




(  ‘ω’) はい、こんにちは!

雨があまり降らない梅雨時期が終わり

本格的に雨が降ってくる梅雨本番がやってきました

無性にトップウォーターを投げたくなりますが

気になるのはやはりこの時期雨が降ると起こるのが釣り場の水の濁り!

まるでアマゾン川のような濁りの中バスを探すことになります

というわけで今回は梅雨の濁りでもバスを釣る方法を

はなびっち流ですがご紹介します

梅雨は雨で水が濁る

最近よくお世話になっている野池でございます

前日まで大減水でトップウォーターにも反応良かったです

しかし、現実は無情で当日はこのように梅雨特有の濁り状態

ほんのり濁っている程度ならばそんなにやることは変わらないのですが

今回はご覧の通り・・・ただのアマゾン川状態となっております

梅雨の濁りでバスを釣る方法は?

この時期は水は濁りますが梅雨ということもあり

バスの活性はとても高い状態です

基本的にはいつも投げるであろう変化があるところを

重点的にチェックしていくところは変わりません

しかし、ここに濁りが入ると何が変わるかというと

単にバスがルアーを探す事が難しい!

という事が発生します

人間的に例えると元気なイカにイカスミ攻撃をされた感じです

目の前が真っ暗とかそれ以前に目がしみます

濁りにはトップウォーターがおすすめ!

この鬼濁りの中でおすすめなのがトップウォータです

その中で特におすすめなのがノイジー系のプラグとなります

ノイジー系であればガシャガシャうるさくしてハイアピールです

このアピール力が濁りでもバスを引き寄せてくれます!

そして、今回チョイスしたのが

アーボガスト ジッタースティック

とても歴史が古いルアーチョイスでとても渋い感じですね

この古いルアーですが使ってみてもらうとわかるのですが

最新のルアーより釣れる気がします・・・

ノイジー・ペンシル・スイッシャー

この3点を付け足してた形をしてます

ノイジー系の1点ネチネチ

ペンシル系の綺麗な首振り

スイッシャー系の水飛ばし

この3点を持ったとても不思議なルアーです

ちょっと新品で買えないのが残念ですが

どこに行っても梅雨は鬼濁り

先の野池で変化のある所を見つけては

トップウォーターを投げてみましたが反応無く

雨で濡れた斜面で滑って転けてお尻を強打したところで

別の野池に移動・・・移動先も鬼濁り

野池を移動してもトップウォーターを片手にバスを探していきます

この濁りの中で闇雲にルアーを投げても

奇跡が起こらないとバスは釣れません

心が折れそうになりながらもどんどん変化を見つけて

ルアーを通してチェックしていきます

答えはやはり変化とアピールにあり

「ある変化」を見つけてそこにキャストした後に

ちょっとネチネチ誘っていると

突然水面が割れて上がってきたのは見事な45cmのバス!

この濁りの中でナイスバスをGETできました

やはり濁りにはハイアピールのルアー・プラグがいいですね

その中でもノイジー系・トップウォーター系がおすすめです!

今回は撮ってくれる人がいなかったので

すごい頑張って自撮りしました!

すごい、顔疲れてる感じしますが・・・正直めっちゃ体力持ってかれてます

キーポイントの「ある変化」とは?

今回のキーポイントとなったのはさざ波でした

この野池ではさざ波が吹いて水面がこのようになると

魚が一瞬だけ元気になってました

無風の時とは大違いで急に生命感が溢れてる感じでした

再度さざ波が来たのでそこにキャストしてみたら

見事に当たったみたいです!

この濁りの中で目立った変化は散々チェックしましたが

さざ波がキーポイントだとはちょっとレベルアップしました

皆さんもこの梅雨の濁りにはトップウォーターを持って

色んな変化をチェックしてみてください!

きっといいバスが釣れるはずです

今回活躍した姉妹ルアー

一緒に読んで欲しいおすすめ記事

【バス釣り】暑くても真昼間に釣る方法

2017.06.18






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA