【バス釣り】あると便利!オススメのスピナーベイトケースレビュー






( ‘ω’) はい、どうも!はなびっちです

今回はバス釣りでオススメのスピナーベイトケースをご紹介します!

4月も中旬になってきたので、そろそろバス釣りに本格的に復帰しようと

思ってる方も多いのではないでしょうか?

そんな時ってなんだかんだでバス釣り用のルアーをいっぱい買っちゃいますよね

そんな中で特に収納に困るのが スピナーベイト ではないでしょうか?

普通のルアーが満載のタックルボックスにスピナーベイトを収納する場合って

ブレードがはみ出ちゃったり、無理に収納して次使うとにブレードが曲がってしまったりと

ちょっと取り扱いに困ってしまう時があると思います

そんな、スピナーベイト大好きな人たちにオススメなのがこちら!






LSD SPINNER BAIT CASE

スピナーベイトケース

( ‘ω’) うたい文句は、スピナベが最低12枚から入る!!

なんと、このケースはあの取り扱いが何かと面倒な

スピナーベイトを最低12枚から格納できると言った優れものです

それでは、ちょっと全体的に見てみましょう!

まずは裏面から

裏面ケース

( ‘ω’) まずは裏面から確認していきましょう!

何かを収納できそうなポケットが4つ付いてます

ここにはトレーラーフック、カスタムブレードなど

スピナーベイトのアクセサリーを格納するのが良さそうです

気になる表の収納部分は?

スピナーベイトケース表面

こちらが気になる収納の表面よ( ˘ω˘ )

収納部分は2枚ずつスピナーベイトが格納できるようになってます

仕切りの部分がクリアな素材でできているので

2枚重ねて収納しても、下のスピナーベイトが確認できるのが

とても嬉しいところですね

実際にルアーを収納してみよう!

すっぽり

( ‘ω’)・・・見事なすっぽり感を実現しています

今まで、スピナーベイトを無理やりタックルボックスに

入れ込んでいたのが虚しくなるようなスッポリ感

試しに入れたD-zoneも心なしか居心地が良さそうです

ロストされるその時まで、幸せな居場所を見つけた目をしています

いっぱい入れてみる

( ‘ω’) 手持ちのスピナーベイトを入れてみたよ!

合計11枚のスピナーベイトを入れてみましたが

なかなかの収納力ではないでしょうか

普通のタックルボックスに11個スピナーベイトを入れると

スカートがとブレードが一致せずに目的の物が取れない

別のスピナーベイトと絡まってるなど悲しいトラブルがありますが

これはそんなトラブルともおさらばできそうです





11枚格納後の膨らみ加減

( ‘ω’) スピナーベイトを11枚格納して折りたたんでみましたが

上から見るとすごいコンパクト・薄く見えます

しかし、それはあくまで上から見ただけの場合

11枚格納してのでさすがに横から見ると分厚いのでは?

そう思って横から見てみるとちょっと意外でした

( ‘ω’)・・・なんと言う収納力でしょう

これまで、無駄にスピナーベイトの収納に困ってきた

アングラーたちの悩み・過去をそっと消してくれるような

コンパクト・薄さです

スピナーベイト縛りとかが好きな人は

このケース1つ後ろのポッケに入れて釣りに出かけても大丈夫そうです

コンパクトに収納しよう!

( ‘ω’) そうそう、何も入れていない裏面のポケットには

トレーラーフックを入れて見ました

裏面にもスピナーベイトを収めることができるので

頑張れば、最高16枚程度スピナーベイトを格納できると思います

これから、春も本格化してきてどんどん暖かくなると

同時に増えていくスピナーベイトやその他ルアー

そして、絶対に困る格納場所・・・( ˘ω˘ ) マジ困る

お値段は だいたい2000円するかしないかぐらいなので

ルアー 1, 2 個分なのでそんなにお高くないのでオススメします

釣具屋さんのタックルボックスコーナーか

スピナーベイトコーナーに置いてあるかもしれないので

ぜひ、実物を見て見てくださいね

アマゾンにも在庫はありましたが、あまり在庫と色がありませんでした

( ‘ω’) Yes, コンパクト!!

今回紹介したスピナーベイトケースはこちら!

スピナーベイトでいいバス釣ってる記事

巻物で春バスを探して!40UP連発回?!

2017.03.25

オススメスピナーベイトの紹介記事

【バス釣り】春のバス釣りにオススメ!スピナーベイト3選

2017.04.03

関連記事&スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと