今回はisseiからリリースされ話題沸騰中の沈み蟲をご紹介!夏のバス釣りと言えば虫パターンですが、今年の虫は浮かせずに、沈ませるのが流行っています。

バス釣りの虫パターンは長年、浮力のあるワームをカバーに絡め、まるで水面に落ちたセミを代表する虫をイメージさせてバスを誘ってました。長年毎年同じ虫パターンを使っていたので、ブラックバスも学んで来る頃合でしょう。

そんな、マンネリ化した夏の虫パターンを変える程の威力を持つ、issei沈み蟲の魅力に迫りますよ!

issei沈み蟲について

issei沈み蟲の画像1

沈み蟲はギル系ワームの火付け役となるギルフラットや、釣れるシャッド系ワームで有名となったキャラメルシャッドを作った「issei」からリリースされました。

リリースされたissei沈み蟲は読んで字のごとく、沈む蟲。虫パターンのワームなのに浮かずに沈むタイプです。

虫パターンワームなのに、浮かずに沈む・・・釣れるのか?不安や心配が渦巻く中、issei沈み蟲のコンセプトであるバックスライドがブラックバスを惹きつけ、多くの釣果を生むことになります。

すぐに沈む虫パターンワームが釣れると話題になり、今年の夏は沈む虫ワームが多数のメーカーからリリースされました。issei沈み蟲は沈む虫パターンワームの火付け役となりました。

サイズ感はひとくちサイズ

issei沈み蟲とブラックバスの画像

issei沈み蟲は2.2インチとブラックバスのサイズを選ばずにひとくちサイズです。長さは2.2インチ程度ですが、横の太さがあるのでボリューム感があります。

浮くタイプの虫ワームは水面の波動とワームのシルエットでバスを誘うので、サイズとボリューム感は小さい方が釣れます。しかし、沈むタイプとなれば水中でバスに気づいてもらうアピール力が必要となるので、ひとくちサイズながらもボリューム感を持たせているのでしょう。

ボリューム感があれば、野池はもちろん流れのある川でも使いやすくなります。

コンパクトなサイズ感と高飛距離

issei沈み蟲の飛距離

issei沈み蟲はひとくちサイズの見た目からは考えられない高飛距離を出します。2.2インチのボディでも比重が重く作られているので、キャストしやすく飛距離が出ます。

バス釣りの夏の虫パターンは基本的にナチュラルカバーがある場所にワームを投げ込みます。しかし、ボートでは簡単に投げれる場所もはオカッパリからでは遠いのです。ですが、issei沈み蟲の飛距離ならこれまでオカッパリでは攻めれなかったナチュラルカバーを攻める力を持っています。

issei 沈み蟲が釣れる注目ポイント

issei沈み蟲の釣れるポイント画像

issei沈み蟲が釣れる理由はバックスライドだけではありません。注目ポイントはワームの形状です。

バックスライドを考えた形状の左右に小さな突起が付いています。この小さな突起がバックスライド時にチラチラ動きブラックバスを誘います。

川の流れに乗せたドリフト釣行中、ボトム放置中でも水流を受けてチラチラ動くので、ブラックバスやブルーギルが興味ありげに突いてきます。

issei 沈み蟲のセッティングについて

issei沈み蟲のバックスライドセッティング

issei沈み蟲のセッティング方法と使い方をご紹介します。ギルフラットやキャラメルシャッド同様にisseiのワームはセッティングに癖があります。

癖はありますがセッティング方法は簡単で1回やれば覚えます。ワームのポテンシャルを引き出したり、釣果に繋がるのでしっかり確認しましょう。

フックサイズは1番がおすすめ

created by Rinker
オーナー(OWNER)
¥291 (2019/09/22 14:42:04時点 Amazon調べ-詳細)

issei沈み蟲をセッティングするならフックサイズは1番がおすすめです。ワームにはスリットがあり、大き目のフックサイズでも対応してくれます。

1番のフックサイズをおすすめする理由は、ワームの半分くらいの位置に丁度フックがでる形になりバランスが良いからです。今回ご紹介するバックスライドセッティングではネイルシンカーを使うので、ある程度のスペースも確保できます。

issei沈み蟲のバックスライドセッティング

issei沈み蟲のバックスライドセッティング

issei沈み蟲でいちばん多様するバックスライドセッティングは、野池・川のフィールドを選ばず、カバーや流れ込みなどの場所も選びません。フックがスリットでガードされるので、スタックしにくく攻め抜くことができます。

おすすめのフックサイズは1番でワームの真ん中にフックが出るのがポイントとなります。ワームに対してフックが短い気分になりますが、issei沈み蟲は2.2インチでブラックバスは丸呑するので安心してください。

issei沈み蟲の上下を確認

issei沈み蟲両面

まずは、フックを通す前にissei 沈み蟲の上下を確認しましょう。ワームをよく見ると膨らんでいる面、まっすぐな面に分かれます。

まっすぐな面を表向きに、膨らんでいる面を裏向きにフックをセットしていきます。

ワームの膨らみは正直判断しずらいので、気にする人は気にするくらいで問題ありません。ちゃんと見ると逆だったなんて良くあります・・・正直どっちでもいいよ(・∀・)

細い方を頭にフックを通す

issei沈み蟲の向き

issei沈み蟲にフックを通していきます。今回セッティングにカルディバマルチオフセットフック1番を使用。

太いほうを頭にしたい気分を抑えて、細いほうを頭にフックを通していきます。

間違えて太い方にフックを通しても、肉厚なので安心してやり直しましょう。

フックをワームのスリットにセット

issei沈み蟲のスリット

細いほうを頭にフックを通したら、ワームのスリット側にフックをセットします。おすすめの1番フックであれば、フックが丁度ワームの真ん中あたりに来ます。

フックがワームの真ん中にくれば、バランスよくセッティングできている証拠です。

太いほうをお尻にネイルシンカーをセット

issei沈み蟲ネイルシンカー

フックをセッティングしたら、太いほうをお尻にネイルシンカーをセットします。issei沈み蟲のネイルシンカーにおすすめは「0.9g,1.2g」の重さです。

ネイルシンカーを太いほうをお尻にした側にセットします。セットする時はワームのバックスライドをイメージして、斜めにセットするのがポイントです。

話題の釣れる虫ワームが完成

issei沈み蟲バックスライドセッティング完成

issei沈み蟲のバックスライドセティングが完成しました!これで、最近流行りの沈む虫パターンを体験できます。

ワーム自体の自重とフック・ネイルシンカーでセッティングすることで、キャストするには丁度良い重量になっています。

いきなりフルキャストすると、立ち木の枝に引っ掛けるので、まずは軽く投げて飛距離を確認しましょう!




issei沈み蟲の使い方について

isssei沈み蟲のバスの釣り方

issei沈み蟲のセッティングの次は使い方をご紹介します。おすすめの使い方はバス釣りの虫パターンで投げる場所に、バックスライドを活かしてカバーにねじ込みます。

普通のワームやプラグでは攻めれない場所も、バックスライドがあれば奥まで攻めることができます。ですが、フィールドによってissei沈み蟲のバックスライドと特徴を活かせるシーンがあるので、おすすめの使い方を2つ試してみてください。

バックスライドでカバー絡みの壁沿いを攻める

issei沈み蟲のカバー周り

ナチュラルカバーが上にあって、下は護岸コンクリートがあるような地形はいかにも虫パターンがハマる場所です。ここでは、護岸コンクリートにぶつける感じで投げて、バックスライドでコンクリートにぶつけ続けます。

コンクリートにぶつけ続けることで、接触音とピラピラ動く突起でブラックバスを広範囲から誘い出します。

issei沈み蟲はフォール中とボトム着底時にバイトが多いので、キャスト後はラインをしっかり見ましょう。

ボトムカバーはドックウォークで攻める

issei沈み蟲ドックウォーク

issei沈み蟲はロッドアクションでドックウォークします。ワームの移動距離を最小限に抑えつつドックウォークでアピールできるので、ボトムカバーにへばりつくブラックバスにアピールできます。

小刻みに連続したアクションよりは、1回1回ゆっくり確実に動かすアクションをイメージしましょう。

見てるカバーにキャスト後にバックスライドで着底からのドックウォークでもブラックバスを誘い出せますね。ドックウォークがとても効く(・∀・)

issei沈み蟲が夏の虫パターンを変える

夏の虫パターンissei沈み

issei沈み蟲の使い方とセッティング方法をご紹介しました。issei沈み蟲のリリースで、夏の虫パターンを浮かせて食わすか、沈めて食わすかの選択肢が増えることになります。

長年主流だった浮かせて食わす虫パターンで学習したブラックバスに口を使わせるのは、沈めて食わす虫パターンです。

この夏はカバーで涼む天才バスを沈む虫パターンで攻略してみましょう。

issei沈み蟲は釣具店で探し出せ!

created by Rinker
イッセイ(ISSEI)
¥551 (2019/09/22 14:42:05時点 Amazon調べ-詳細)

issei沈み蟲のバス釣り用は、品薄でAmazonに売ってない!現在では海用の海太郎なら購入することができます。

夏真っ只中の季節で品薄状態でも釣具店なら希望があります。お近くの釣具店に駆け込んで探してみましょう。

その他のissei商品のレビュー記事はこちら

関連記事スポンサードリンク


おすすめの記事