夏休みも近づき、家族で夏のレジャーとしてトラウトを釣りに管理釣り場に行こうと思っている方や、管理釣りを初めたばかりの初心者に向けてスプーンのおすすめ5色とパターンをご紹介!

管理釣り場に夏休みに家族で行くにしても、趣味で1人で行くにもトラウトは爆釣したい!そんなアングラーにトラウトが大好きで、福岡県から大分県通いは当たり前。はなびっちがパレットに絶対入れておきたいスプーンの色をパターンといっしょに解説します。

釣具店に行って迷うのが目に見えてるなら、最低この5色を買い揃えて挑むのも全然アリ!。

トラウト初心者にスプーンが難しい理由

トラウト初心者スプーンの選び方画像1

トラウト初心者がスプーンを難しいと感じる理由はズバリ「色の多さ」です。

大型の釣具店のトラウトスプーンコーナーを眺めると、見慣れたような赤色から、キラキラの金銀色、お菓子のパッケージ見る抹茶色までスプーンの色の種類はとても多いんです。姿形や重さは近しい物が多いのに、色が豊富すぎて、選択肢が多すぎる・・・。

トラウト初心者だからYouTubeでプロが使っている、ルアーパレットを見て勉強しようとしても、スプーンパレットにぎっしり詰まったカラフルなスプーン達。プロが言うには全部必要・・・初心者にはハードルが高いと挫折してしまいます。

運良くトラウトに詳しい釣具店が近くにあったり、トラウトが上手な友人がいればスプーンの定番色を教えてくれるでしょう。しかし、頼れる人がいない場合は動画と実際の経験で知識を増やすことになるので、トラウト初心者がスプーンが難しいと思う理由です。

トラウト上級者はスプーンで釣るのが上手

トラウト初心者スプーンの選び方画像2

トラウト初心者がどうして、スプーンを使いたくなるのか。それは、トラウト上級者はスプーンを使って釣るのが上手なのを動画や釣行で見ているからです。

トラウト上級者が積んでいる経験値はとても豊富でスプーン1色に何百回という釣果を積んでいます。レモン1つあたりに含まれるビタミンみたいな言い方(・∀・)

トラウト上級者は魚の状況を確認して、経験にあったスプーンの色をチョイスしています。てきとうに選んで投げるよりも、魚が釣れる確率は飛躍的に上がります。

トラウト上級者のように状況に合わせて、最低限でもスプーンの色を選択できたらどれほど釣果につながるか。そこで、トラウト上級者とは言わないものの、頼れる釣り人がおらず、大分県通いと動画で勉強してスプーンの色選びがわかってきたはなびっちがスプーンの色選びを語りますよ!

トラウト初心者おすすめスプーン5色

トラウト初心者スプーンの選び方 パレット画像

これが、はなびっちのスプーンパレットです。どの色が釣れますか?っと質問されると全部釣れますって回答します。

スプーンはトラウトを釣る道具なので、釣れない色はないんです。大事なのパターンとシチュエーションの選び方です。

でも、安心してください!これからご紹介するおすすめスプーン色とパターンは初心者でも簡単に使いこなせます!

放流後のトラウトが爆釣れする赤金色

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥417 (2019/12/16 19:55:13時点 Amazon調べ-詳細)

放流後のトラウトに効果的なのが赤金色です。管理釣り場では1日に何度か新鮮な魚を放流するタイミングがあります。

新しく放流されたトラウトはスプーンを見たことがない「スレていない魚」です。スレていない魚は好奇心のままにスプーンを追い掛け回します。

赤金色のスプーンは目立つ赤と金の複合色で、魚の好奇心を刺激するにはぴったりです。放流タイムには赤金!これだけ覚えておけば坊主はありません。

スレてても活性の高いトラウトが釣れる青銀色

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥417 (2019/12/16 19:55:14時点 Amazon調べ-詳細)

スレていてて赤金ではぜんぜん反応しないシビアなトラウトを釣ることができるのは青銀色のスプーンです。

赤金色とは反対に目立たない青に鈍く光る銀色は、アピール力は赤金には及びません。ですが、活性は高いものの、好奇心が低いトラウトを反応させます。

放流タイムや活性が高い時に赤金で釣れないのに、他の色でたくさん釣る人は青銀を使っている可能性が高いです。

トラウトの餌と勘違いさせる安定釣果のオリーブ色

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥417 (2019/12/16 19:55:15時点 Amazon調べ-詳細)

管理釣り場でトラウトに与えている餌の色に近いのがオリーブ色です。餌に近い色のスプーンを使うことで、魚に対する餌の反応を確認しつつ釣果を上げることができます。

管理釣り場でトラウトを釣り始める時に使う最初の色と同時に、オリーブ色は何をしたらいいかわからない時に使うスプーンの色と覚えておくと良いでしょう。

オリーブは明るくもあり、暗くもある色なのでベースカラーとして使われることが多いです。

トラウトに飛び虫と餌イメージさせるからし色

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥417 (2019/12/16 16:14:40時点 Amazon調べ-詳細)

管理釣り場では時期により、水面にボウフラのような虫が飛び交っている時期があります。そんな時期に表層で早巻きをすると釣果が上がるのがからし色です。

夏の時期は水面に虫が飛び交っており、それをトラウトが飛び跳ねて食べているのが見えたら、からし色のスプーンを表層巻きで使ってみましょう。からし色は虫に近い色なので、勘違いして口を使い釣れます。

また、からし色はオリーブ色と同様に管理釣り場でトラウトに与える餌に近い色なので、初心者がスプーンでトラウトの様子を見る色としても使える1石2長のスプーンカラーです。

ボトムのトラウトに高アピールできる黒色

冬場の寒い時期は水温が安定する場所に、夏場の暑い昼間は水温が低い場所にトラウト達は集まります。その2つの条件を満たすのは管理釣り場のボトムエリアです。黒色のスプーンはそんなボトムに張り付くトラウトに有効なスプーン色です。

夏場でも朝は涼しくトラウトが表層で元気に泳いでいるのを見かけますが、日が昇り水温が上昇する日中ではトラウトの影は目に見えて減ります。トラウトは涼しい場所を求めて、深いエリアで休憩しています。

そんな深いボトムエリアで休憩しているトラウトにも見えるのが黒色のスプーンです。トラウトの影が表層から薄くなる昼間に、ボトムエリアを黒色のスプーンで探ると休憩中の魚を釣ることができます。




スプーンの使い方とパターンがトラウト攻略の糸口

トラウト初心者スプーンの選びはパターンから

トラウトをスプーンで釣りたい初心者におすすめの5色とパターンをご紹介しました!今回の記事で取り上げたスプーン5色とパターンは管理釣り場でトラウトを始めた初心者の方でも試しやすいでしょう。

管理釣り場の状況やトラウトを観察することで、数多くあるスプーン色の中から釣れる可能性ある色を絞ることが出来るようになります。上級者のように細かなシチュエーションに対応できなくても、こっちは初心者なのでまずは大雑把なシチュエーションに対応して釣果を上げることに集中しましょう。

逆に大雑把なシチュエーションでも把握することができれば、内容を細かく分析することも出来るようになります。

スプーン色をしっかり選べるようになって、管理釣り場のトラウト全て釣るくらいの勢いで行きましょう(・∀・)

管理釣り場のトラウトをルアープラグで釣りたい方はこちら!

夏休みは管理釣り場でトラウトが釣りたい!でも、スプーンは苦手だからルアープラグで手軽に釣りたいアングラーにおすすめの記事。

夏のトラウトをルアープラグで釣るためのローテーションをメインにおすすめルアーもご紹介してます。管理釣りの予定がある方は目を通しておくとスムーズに釣りができる!

関連記事スポンサードリンク


おすすめの記事