春バスを釣りたい人は必見!スピナーベイトの使い方!!




はなびっち
ついに春バスに悩まされる季節がやってきましたね!毎年春バスに悩まさる方のために今回はスピナーベイトを使っての春バスを釣る方法をご紹介!!

なぜ、春バスを釣るのは難しいのか・・・

菜の花にミツバツが集まり、桜の花びらと緑の若葉が良い色合いを出している春がやってきました

これまでの寒さの中凍えながら魚釣りをする季節から周りの景色を楽しみながら釣りができる季節がやってきましたね

しかし、暖かくなってきたのはここ数ヶ月・・・実際魚が釣れるかと言われれば正直なところはなかなか釣れないの現状です

ではなぜ、暖かくなってきたのにこの春のバスが釣りづらいのか・・・はなびっち的にご紹介していきましょう

季節が暖かくなり日中の気温も20度を超える日々が続いています

外気温に引っ張られる様に水温も上昇していきます

ですが水温はいきなり低水温から通常水温に変わるわけではりません・・・少しづつ表層の水温から温度は上がっていきます

そういう事もあり、人間が感じる春の陽気とは裏腹に水の中ではまだまだ春になり切れていないのです

しかし、水中に居るバス達もいつまでも凍えて居る場合ではありません

バスの個体の中ではスポーニングシーズン中に数回産卵する大きな個体がいます

その様な大きな個体から段階的に産卵・スポーニングを行うために動き出します


それが春の荒食いとなります・・・冬の間に消耗した体力をここで回復させるんです


春先に釣れたバス達のお腹がパンパンに膨れてるのはこのためです

この様な生き物の生態があるために、この春先の季節に小さなバス達があまり釣れづに大きなバスが釣れる事が多いんです

ですので、実際この時期はバスを釣るのが難しいのではくて餌を食べてるのが大きな個体に限られてくるので個体数自体がそもそも少ないのと言う事も有り釣りづらくなっています

春バスを釣るにはスピナーベイト!

では、そんな餌を沢山の食べてる大きな個体をどうやって釣るのかと言うとはなびっちはスピナーベイトをオススメします

餌を食べてる個体を見つけるためには釣りをするフィールドにもよりますがどうしても広範囲をサーチする必要があります

さらに広範囲をサーチしつつバスへのアプローチも必要となってきます

スピナーベイトには広範囲をカバーできる飛距離・バスに高アピールをすることができるブレードが付いているので春バスを効率的に探すことが可能となってきます

さらに嬉しいのはスピナーベイトは重さを変更することによって巻き速度を大きく変えることが可能でシャローエリアからボトムエリアまで幅広く探ることができます

スピナーベイトの基本的な使い方はこの記事をチェックしよう!

【バス釣り】スピナーベイトの釣果アップに必要な2つのポイント!

2017.09.26

春バスに有効なスピナベの使い方は2つ

表層早巻き

春バスを探しているフィールドが小規模野池・減水状態である場合です

ボトムより実はシャローの方が水温が高く既に多くの個体がボトムではなくて実はシャローに集中して餌を追いかけている可能性が非常に高いです

その様な状況に対しては軽いスピナーベイトを使用して表層エリアをスピナーベイトを早巻きでチェックしてみましょう

オススメルアーはこちら

 

中層スロー巻き

春バスを探しているフィールドが中大規模・満水状態である場合です

水温が上がり切らずに表層エリアにはバスが上がってこれないですが中層エリアまである程度の個体が上がってきている可能性が高いです

その様な状況に対しては中層をスピナーベイトでスローにチェックしてみましょう

ボトムまで落としてしまうとまだまだ中層に上がることができない小さな個体・大きな個体ではあるけれど痩せたオスが釣れる可能性が非常に高くなります

春先にスピナーベイト・バイブレーション・ネコリグの中層スイミングでデカバスが釣れることが多いのはこちらの状況が多いからです

オススメルアーはこちら

春バスはスピナーベイトで探し出せ!

ということではなびっちも無事に今年も春のデカバスを無事に確保することができました

春バスは釣りづらいという言葉は確かにありますが

バス釣りをするフィールドをしっかり見極めた上でスピナーベイトを選び、バスがいるであろう場所を絞り込んでいくとで個体数が少ない大きなバスを効率的に探す事ができます

この日の春のデカバス確保は中層をスピナーベイトでゆっくり巻いてあげてるとひったくてくれました

ボトムに触れさせると全く釣れないのに中層を維持すると釣れてくれました

春バスの良いところはやはり体力を回復させるために荒食いをしている事

それに伴ってバスの体高も大きくなり非常に太ったバスが釣れるのが春バスを釣る楽しみでしょう

体力も回復しているのでナイスファイトをしてくれるのも魅力的ではないでしょうか

春バスを釣る方法は人の釣り経験によってバイブレーション・スピナーベイト・ネコリグなど答えにたどり着く経路が大きく異なります

バス釣りにも行きやすくなったこの季節に自分の釣り方はどの様なスタイルなのか改めてチェックしてみるのもありですね

それでは春バス探しを楽しみましょう・・・桜見ながら桜餅食べたい( ˘ω˘ )

スピナーベイトでデカバス確保記事はこちら!

巻物で春バスを探して!40UP連発回?!

2017.03.25
 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと