秋のバス攻略にはスピナーベイトを巻くのがオススメ!

秋スピナベサムネ
はなびっち
今回は秋バスをスピナーベイトでゲットするためのオススメの場所と釣り方をご紹介してきますよ!




秋のバスをスピナーベイトで釣るために

スピナーベイト1

季節は10月下旬となり秋もどんどん深まってきました

自然に生きるほとんどの生き物が冬に向けて食べ物を蓄えようと動き出しています

野池やダムへ魚釣りに行くと場所によってはイノシシなのど野生動物に出くわすことも多いのではないでしょうか?

そんな食べ物を蓄える季節ですが水中に生きる魚も例外ではありません

それも捕食魚であるブラックバスとなれば1日中食べ物を探しているのではないでしょうか?

ブラックバスはこの時期に餌を探し回ってますが動き回るが故にアングラーとのすれ違いが起きて釣れづらくなります

さらに、秋の季節特有の大きな気温な変化も作用していっきにブラックバスが釣れづらく感じるのではないでしょうか?

今回はそんな秋のバスをスピナーベイトで釣るためにはなびっちがオススメする釣り方と場所をご紹介していきますよ!

オススメは高速早巻き!

秋のバスをスピナーベイトで釣るためのオススメの使い方としては「高速早巻き」があります

使用するスピナーベイトのバランスが崩れるギリギリの速度で巻き切ってしまいます

このスピナーベイトでの高速早巻きでよく質問されるのが「こんなに早く巻いて大丈夫?」という疑問です

ルアー自体の動く速度に関してですが人間側が一方的に早いと感じて不安になっているだけで、魚側としては実はすごく遅い速度なんです

どうしても気温・水温が上がりきらない冬の時期は早く巻くとそもそもブラックバス自体が低水温で早く動くことが難しいのでルアーを追いきれません

ですが、10月 ~ 11月中旬の温度・水温であればよっぽど冷え込まない限り高速早巻きのスピードでルアーを使用しても問題ありません

この高速早巻きですが通常のルアーを使用する速度と明らかに違う速度で水中を移動するのでブラックバスからすれば、追いかけられている小魚と間違えてすごい勢いで追いかけてバイトに至ることが多いです

こんなに早く巻いて大丈夫なの?・・・と油断しているといきなりスピナーベイトをひったくられるので気を抜いていると大事な魚を取りこぼしてしまいます

なのでスピナーベイトでの高速早巻きを使用する際は足元前気を抜かずにしっかり巻き切ってください

オススメの場所は護岸沿い・緩やかなシャロー

スピナーベイトの高速早巻きを使用する際に大事なのはポイントは場所選びです

全然的外れなポイントで高速早巻きを行うと手首が疲れるだけで一向に魚が釣れません

高速早巻きをする際にイメージしてもらいたいのはすごい勢いで追いかけられる小魚です

そこでオススメするポイントは護岸沿い・緩やかなシャローです

水辺のフィールドを見てもらうとよくこのようなポイントは小魚がピチピチしてると思うのでイメージしやすいはずです

特に護岸沿い・緩やかなシャローエリアは餌を求めて回遊してるブラックバスが入ってきやすい場所となっています

さらに基本的にどのフィールドにもあるので攻めやすいポイントではないでしょうか?

護岸沿い・緩やかなシャローエリアを攻める際ですが岸とギリギリを攻めるのではなくある程度の水深がしっかりあるところを攻めてみましょう

岸から2mくらい離したところであればベストでしょう

スピナーベイトで秋のバスを確保しよう!

スピナベ2

秋の季節はデカバスサイズから子バスまで幅広いサイズの魚がうろうろしています

特に護岸沿い・シャローエリアともなれば餌を求めて元気な魚がうろうろしている状態です

この時期特有の大きな気温な変化はもちろんありますがそれは人間側の都合で寒いと思っているだけです

水中にいる魚からすれば寒くなく元気に餌を追いかけることができています

夏と比べて気温は下がりましたがブラックバスからすれば動きやすくなったという気温ですので、まだまだ護岸沿い・シャローエリアを積極的に狙っていきましょう

10月下旬 ~ 11月中旬はデカバスとの遭遇率も非常に高く自己ベストを更新する方が多いのもこの季節ではないでしょうか?

しかし、それを邪魔するのは大きな気温の変化・人間側の勝手な思い込みですのでそこだけは注意しましょう

その日の状況はフィールドをしっかり見ることで大きなヒントを得ることができます

はなびっちのスピナーベイト使い込み

はなびっちは年間を通してよくスピナーベイトを使用します

特に出番が多いのは4月・10月・11月です

この時期はスピナーベイトの高速巻きでデカバスを大量にゲットできます

しかし、スピナーベイトはその形状からデカバスを釣るとブレードが曲がってしまったりと釣れるからこそのデメリットもあります

ですが大体の場合は手で調整すれば問題なく使い続けることができるのでどんどん直していきましょう

このようにデカバスを釣り続けるとブレードが破損してきます

ここまでスピナーベイトを使い込めればアングラーとしても満足できるのではないでしょうか?

特に秋の時期 10月 ~ 11月下旬であればスピナーベイトのブレードを破損するほどの釣果が期待できますので

寒いからもう釣れないと言わずにフィールドに出向いていきましょう!

ブレード破損すると使い切った感じある( ˘ω˘ )

使用しているスピナーベイト

スピナーベイトの使い方記事

【バス釣り】スピナーベイトの釣果アップに必要な2つのポイント!

2017.09.26

 







秋スピナベサムネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと