冬の準備を始めよう、冬のバス釣りにオススメのルアーを3つご紹介!

冬サムネ
はなびっち
今回は冬バスにオススメのルアーを3つご紹介!寒くてどうしてもマイナス思考になってしまう冬・・・そもそもこんな過酷な状況の中でも釣りに行くのか釣り人は謎だらけ!




冬はバスが釣れない?

冬_1

11月後半から2月後半にかけて日本では冬が訪れます

それも急激な温度の低下でここ数年は急に冬になっていきます

冬になってしまえばもちろんバスは釣りづらくなります

どうしてもバスが生息する水中の水温が低くなってしまうので活性が下がってしまいます

さらに、問題なのは寒いと人間の活性も下がってしまって釣りのスタイルがマイナスから始まってしまうことも問題でしょう

冬バスの生態ですが寒いからと言ってずっとボトムにへばりついて全く動かない訳ではありません

天気が良い・水温が安定しているような状況ではシャローまで上がって捕食を行なっています

さらに、フィールドによってはシャローエリアで冬を越すバスもいるくらいです

このように、冬だから深いところ!っといきなりスローな釣りから始めず事前の天気やフィールドの状況をしっかり把握して釣りを始めると冬バスに対して効果的な釣りをできるでしょう

はなびっちの経験的に冬バスでもシャローエリアで釣れることが多いです

今回はそんなどうしてもバスが釣れづらい冬に使ってもらいたいオススメルアーを3つご紹介してきますよ!

冬のシャローエリアにはシャッド!

まずは冬のシャローエリアの定番であるシャッドからご紹介します

いくら冬といえどもバスは餌を食べないと死んでしまいます

冬は確かに寒いですが朝の10時 ~ 昼の16時までの間は天気が晴れていれば結構暖かいです

この冬の暖かい日差しはシャローエリアの水温を上げてくれるのでバスが餌と暖かい場所を求めて移動してきます

そこをシャッドで誘ってあげるのが冬の定番です

シャッドはただ巻き・トウィッチングの2パターンの使い方ができるのでルアーを追いかけることができない冬は基本的にトウィッチを使用してバスを誘ってあげます

2回トウィッチしてロングポーズ・3回トウィッチしてポーズなどしっかりルアーを動かしましょう

シャローエリアの護岸沿い・テトラポッドなどが入っている場所ではぜひ使ってもらいたいです

さらに冬に入る前の11月の季節ではシャッドの高速早巻きでよくバスが釣れるので冬バスの準備をするという意味でもシャッドはタックルボックスに1つは欲しいところです

特にソウルシャッドの高速早巻きは本当にオススメです

ボトムサーチはメタルバイブにおまかせ!

冬の定番ルアーとしてメタルバイブがあります

ボトムサーチをさせるにはこれ以上いい感じのルアーはありません

はなびっちは冬の間だけでアングラー全体で何個のメタルバイブを無くしているのか数えたくなります

冬の水中ではどうしても水温が下がってしまいバスの活性が下がります

活性の下がったバスは水中の水温が安定する層に移動していきます

基本的に水温が安定するのが水中の底周辺となってくるので冬バスはボトムにいるという感じになっています

このボトムにべったりしている魚は基本的にやる気がありません

人間に例えるとこたつに入ってだらだらして、みかんを取りに行くのも面倒という状況です

そのようなバスに対して口を使わせるのがこのメタルバイブです

このメタルバイブがバスの目の前を通るとバスはリアクションバイトしてしまいます

釣りをするフィールドのボトムの変化を確実に捉えながらバスを探しいて行くのがメタルバイブです

基本的にはフィールドの最も深いところを探してサーチしていきますが、バスが集中しているところを見つけると途端に数釣りができるようになるので冬の間は宝くじ的な役割をしてくれます

冬バスを求めてひとり勝ちしたい方であればタックルボックスに複数あると良いでしょう

どうしてもボトムをチェックするのでメタルバイブはダブルフックにしてあげるとロストが減るので事前にチューンしてあげましょう

ゆっくり誘えるスピナーベイト

冬のオススメルアーとしてはなびっちがオススメセレクトとしてスピナーベイトがあります

特にオススメはエバーグリーンDゾーンのようにスローに巻いてもしっかりブレードが回るものが良いです

スピナーベイトの重さはすぐに浮き上がらない 3/8 ~ 1/2 がオススメです

様々な地形変化に対応しつつスローに誘えるのでシャッド・メタルバイブではカバーできない穴を塞ぐことができます

シャローエリアからディープエリアへのなだらかな地形変化についてる冬バスはもちろん

カバー・ストラクチャーについているバスに対してもスローに誘うことができるのでバスもルアーを追いかけやすくバイトに持ち込むことができます

できるだけスピナーベイトにはアシストフックをつけてあげて使用するとバスのキャッチ率が上がります

スピナーベイトも重さやルアーの特性次第では1年中使えるものがありますのでぜひ、チェックしてみましょう

冬バスを釣るための準備を始めよう!

冬バスを釣るためにオススメルアーを3つご紹介してきました

シャッド・メタルバイブ・スピナーベイトと冬の王道・定番チックなセレクトとなりました

しかし、王道・定番であってもフィールドの状況をしっかり把握しなければバスは釣れません

逆にしっかりフィールドの状況を把握してあげれば王道・定番ルアーでしっかりバスを釣ることができるでしょう!

1番ダメなのは冬だからずっとボトムをチェックするような行動です

冬の間にフィールドをしっかりチェックできるようになれば、春・夏・秋と今後来るシーズンでもあなたを助けてくれるでしょう

今回紹介した3つのルアーは秋バスを釣るのにも役に立つので秋バスを釣りつつ冬の準備をするのに向いています

ぜひ、タックルボックスに1種類ずつでも用意できると心強い味方になってくれるでしょう( ˘ω˘ ) 今のうちにいっぱい釣ろう







冬サムネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと