【バス釣り】静かに乱し釣れるセイラミノーの使い方

セイラミノーサムネ
はなびっち
今回はジャッカルが送り出す動かなのに釣れるセイラミノーの使い方とその使い所についてご紹介していきますよ




セイラミノー 2

ジャッカルから販売されているセイラミノー

販売は2009年と今から数年前となっています

今から数年前の販売から現在に至るまで多くのメーカーから様々なルアーが販売されて流行を作り出して来ました

このジャッカルから発売されたセイラミノーですがこのルアーも発売された当初は爆発的な流行を作り出しました

ルアーのジャンルで言えば i字系ルアーに当てはまります

このジャッカルのセイラミノーが i字系ルアーの火付け役と言っても過言ではないでしょう

ジャッカルのセイラミノーの見た目をみてもらえればわかるかもしれません

よくみてみるとこのミノーはリップが付いてません・・・

なぜミノーなのにリップがついてないのか?

もしかして、ベントミノーと同じように反則的な特別の動きをするかと想像されるかもしれません

ですが、ジャッカルのセイラミノーは全く動きません・・・びっくりするくらい動きません

なぜ、この動かないルアーがここまで釣れるのか・・・今回はその使い所と場所を見ていきましょう

セイラミノーの使い方

基本的使い方はただ巻き

ジャッカルのセイラミノーの基本的な使い方はただ巻きです

セイラミノーをキャスト後にただ巻きするとまっすぐこちらに戻って来ます

戻って来ますが他のミノーと同じようにアクションしながら戻って来ません

アクションせずにまっすぐ戻って来ます

え・・・? アクションしなくても釣れるの?

って思われるかもしれませんが大丈夫です安心してください不思議なことにすごく釣れます・・・

ジャッカルのセイラミノーをただ巻きすると全くアクションせずにまっすぐ戻ってくるせいで、普段ただ巻きするだけでアクションするルアーに慣れていると使用感に不安を覚えます

ですが、そのまま気にせずに巻き続けてください

近くにバスがいれば反応してくれるでしょう

バスが反応してバイトしてくる時はただ巻き中にルアーが重たくなります

ただ巻き中にルアーにバスが反応してるとバスがジャッカルのセイラミノーを小突くことが結構あります

なのでこのフェイクに惑わさずにしっかりバイトを待ちましょう

焦ってバイトと勘違いして無駄に合わせてしまうとせっかくのチャンスを無駄にしてしまいます

応用的な使い方トウィッチ

ジャッカルのセイラミノーを使うには基本的なただ巻きだけで十分です

ですが、中にはどうしても食い渋る魚がいます

その魚に対してトウィッチというミノーならではの必殺技があります

通常のミノーではリップがついておりしっかり水を切ってアクションするトウィッチが可能です

ですが、ジャッカルのセイラミノーには通常のミノーに付いてるそのリップがありません

リップはありませんが気にせずにトウィッチをしてみてください

通常のミノーよりシャープでキレのあるトウィッチアクションを出してくれます

このトウィッチアクションを使えばただ巻きで食い渋るバスに対応することもできます

何よりワームや難しいテクニックを使ってでも口を使わないバスに対しても効果を発揮することができます

ぜひ、普段からそっぽを剥かれてる天才バスに試してみてください

もしかすれば簡単に口を使ってくれる可能性が高いです

セイラミノーの使い所

セイラーサムネ2

ジャッカルのセイラミノーを使うオススメの場所ですが、カバー・ストラクチャー以外の場所がオススメです

ルアーの形状から察してもらえると思いますがセイラミノーにはリップがありません

通常のルアーであればリップがあるのである程度のカバー・ストラクチャーは回避してくれます

ですがどうしてもセイラミノーはリップが無いのでロストしてしまいます

どうしてもカバー・ストラクチャーを攻めないと行けない場合はある程度距離を置いて攻めればルアーをロストさせずに攻めることができます

これはジャッカルのセイラミノーに限らず多くのメーカーから出ているi字形ルアーの弱点であるので注意しましょう

そこさえ注意してしまえば全ての状況でしっかり対応することができます

特にセイラミノーはオープンウォーターでもそれなりの飛距離を出すことが可能なので広範囲のバスに対してアピールすることが可能です

透明度の高いリザーバーなどではさらに効果を発揮することでしょう

逆に濁りと流れが激しい場所ではセイラミノーの持ち味である静かにバスを誘う効果を完璧に打ち消すので使用はオススメできません

そのような場所はビックベイトのようなセイラミノーとは正反対のルアーでカバーしましょう

ジャッカルのセイラミノーは動かないからこそ強い

セイラミノーサムネ 3

ということでジャッカルのセイラミノーをご紹介していきました

ルアーのテーマである静かに乱すという字のごとく静かにバスを乱しバスを釣ることができます

i字形ルアーがなぜ動かないのにバスが釣れるかという不思議な点ですが

セイラミノーのような動かない方が自然だったりします

魚が水中を動いてる水中映像をみたことがあるでしょうか?

魚はルアーのようにアクションしません!

その場合によって最小限の動作しかしないのです

なのでセイラミノーのようにゆっくり動作している魚はあまり動かないので結構理にかなっているという感じです

本当のところはバスに聞いてみないとわかりませんがこれに近いところが答えなのではないかと思っています

トラウト用ルアーにもi字形ルアーのように全く動かないルアーもあります

そのルアーも動かずにまっすぐ手前にくるだけの動作で鬼のようにトラウトが釣れるのでバスに限らず捕食魚・水中に住む魚に共通する点があるのでしょう

ジャッカルのセイラミノーは流行によってその名を轟かせましたが流行によって消えていくルアーでもありません

この先多くのルアーから多くのルアーが発表されて世に出てくることでしょう

ですがこのセイラミノーはその流れに負けずにルアーは残り続けます

どうしても他のルアーが釣れない場合はこのような i字形ルアーをぜひ試してみください!

ちなみにジャッカルのセイラミノーでオススメのサイズはオリジナルサイズである55Sなので試すのはこちらで!

昼でも夜でも釣れるし正直すごいや( ˘ω˘ )

ジャッカルのセイラミノーの購入はこちらから

はなびっちがハマってる千鳥系ルアー記事

【再販?】もう、GETした?イマカツのワイルドバッツが再び店頭に

2017.09.19

 







セイラミノーサムネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと