【バス釣り】佐賀の野池でリベンジマッチ!

( ‘ω’)ノやっ、はなびっちだよ!

今回は今年2回目の佐賀遠征です

前回は佐賀の横武クリーク公園で見事に歴史的大破をして

泣きながら福岡に帰りました

その時は記事はこちら

【バス釣り】佐賀 クリークを釣り歩く

2017.07.04

前回の反省点として何が悪かったか考えてみた所・・・

  • バスが釣れるクリーク情報の少なさ
  • 前日に朝までゲームしてて超眠かった
  • クリーク公園内の遊具で遊んでた
  • 単純に心折れた

こちらの4点が挙げられました

改善できるところから改善しようということで

  • バスが釣れるクリーク情報の少なさ

こちらを改善することにしました

佐賀のバス釣りが釣れるクリーク探しから

バスが釣れる野池を探す方にシフトして野池情報をゲットすることができました

そして、前回の屈辱を胸に朝までゲームして無事に朝寝坊して辿り着いたのがこちら!




佐賀 バスが釣れる情報ありの野池

前回攻めてたクリークとは全く違い

水質は極めてクリーンで釣りやすそうです

佐賀はバス釣り・雷魚釣りではクリークが有名ですが

クリークが配置できないような所には各位に野池があります

この各地にある野池にはもちろんバス・雷魚などが住んでます

そもそも、なぜ前回は野池に行かなかったが謎なくらいです

佐賀の野池は不思議と水草多し!

今回でバスが釣れるという野池を3箇所ほど行きましたが

どの野池も基本的にベジテーション・水草が生い繁ってるような所が多くみられました

クリーク側でもこのベジテーション・水草はよくみられます

どうあがいても雷魚が飛び出ててくるイメージしかありませんが

佐賀のバス釣りで野池周りをやるのであればフロッグは必須でしょう

炎天下でのバスを釣る戦略とは?

山奥の野池でバス釣りと言えども

季節は7月中旬で日本全国どこ行っても猛暑です

涼しい所はクーラーの効いた部屋くらいもモノでしょう

この日は遅刻しましたが午前中から魚釣りを始めましたが

鬼のような日差しが襲ってきてました

この状況で天才寝坊アングラーはなびっちがとった戦略は

見えバス探して虫パターンで1発狙い

と言うTHE 夏って感じの戦略です

虫パターンでバスを釣る!

チョイスしたのは メガバス シグレ

見た目はただのセミそのものです

元祖セミ系 クレイジークローラーみたいに羽は金属ではなく

ソフトなビニールチックな素材でソフトな波動を出してくれそうです

こちらを岸際やオーバーハングの近くで上をみてる魚を見つけ次第

バスの目の前に投げ込んであげます

勝負が決まるのは実は着水後の3秒ほどなので

炎天下の初場所でも手際よくバスを見つけて釣ることが可能なのです

宝くじのような1匹をGET!

 

野池の隅っこで上を向いてぷかぷか浮いてる子バスを見つけて

シグレを投げてちょっと誘ってみると

深い所に潜って感じのバスが浮上してきて

うほーセミじゃんー!って丸呑みして行きました

見事に試した戦略にバスが答えてくれた感じです

炎天下の上でしかも初場所・・・このサイズが釣れれば文句無しでしょう!

このデカバスを手にすることができて無事に佐賀リベンジを果たすことができました

やっぱりバスの釣れる野池・クリーク情報はめっちゃ大事ですね・・・

正直戦略なんて二の次です

色んな所にバス釣りに行く機会が増えるこの季節

皆さんもぜひ虫パターン試してみてください!

闇雲にワームを投げるより絶対に効率的にバスを釣ることができますよ

福岡県の野池でもシグレが活躍中!

【バス釣り】福岡県の野池でも炸裂!?夏の虫パターン!

2017.08.01

一緒に読んで欲しい炎天下 バス釣り記事

【バス釣り】暑くても真昼間に釣る方法

2017.06.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと