(  ‘ω’) はい、こんにちは!

今回はいつもの福岡県を離れて、お隣の佐賀県まで魚釣りに行ってきました。佐賀と言えばやっぱり気になるポイントはクリークでのバス釣り。そして、鬼のように太い雷魚・・・。

期待と夢に満ち溢れた佐賀県でのブラックバス釣り。今回は横武クリーク公園でのバス釣りをやったある1日をお送りします。

佐賀県 横武クリーク公園

佐賀県には横武クリーク公園と言う水路が張り巡らされた公園があります。ちなみに、佐賀県の観光名所である吉野ヶ里遺跡と肩を並べるような場所ではありません。

佐賀県の名物と言えば吉野ヶ里・佐世保バーガー・水路・えらい太い雷魚の3つが代表的ですね。この佐賀県名物の1つある水路は大中小問わず魚・水辺の生物が生息しています。

全国各地を見てもこれだけ水路が張り巡らされてる県も佐賀県ぐらいでしょうか。それだけ広大な水路からお目当のバスを探すにはどうすれば良いか言えば、1番いいのは県内の釣り友達に場所を聞くのがベスです。

それが無理ならネットで画像検索でバスが釣れてるところを探すのが良いでしょう。ちなみに今回はネットで釣れる場所を調べて横武クリーク公園に辿り着きました。

この時期は田んぼ水で鬼濁り

今回魚釣りに来た時期は、田植えの時期とかぶってしまい濁りでした。福岡でもこの時期の水は濁りますが、佐賀のクリーク内はきっとアマゾン川以上に濁ってると思います・・・。

こういう時に地元の釣り友達がいれば別の場所を巡ることができる、濁りが少ない・濁りがあっても釣れる所を教えてくれます。

クリークではネット・網は必須!

クリークを釣り歩く上で必須級のアイテムがこちら!

ネット・網があるととても心強いです!クリークでは幅広い生き物が住んでいるので、バス釣りに来たところで本命のバスが釣れるとは限りません。

むしろ、恐れるのは雷魚!

佐賀名物の1つである鬼のように太い雷魚には要注意です。やわなバスタックルでは太い雷魚が掛れば瞬殺でしょう。あと、そもそも手づかみ怖すぎるのでネット・網は必須です。





良さげな障害物が多し!

横武クリーク公園内はとても変化が多いフィールであります。水路・クリークの幅は広くいろんな障害物が置いてあり、絶対バスがついてるだろうと思うけど・・・プレッシャーが高いのか腕が足りないのかバスは釣れませんでした。

クリーク公園内では釣り人数人とすれ違ったので、日頃から多くの人が訪れてると思うのでやっぱりプレッシャー高い感じがあります。

釣れる場所を見極める必要あり

クリーク公園内にはこのような小場所も多く点在しています。ぱっと見で底が見えそうで全然釣れる気がしないところでも、クリークではとても美味しいポイントです。

小場所なのでチェックは数秒で終わりますが、小場所こそしっかり狙っていきましょう。

単に水路・クリークとは言え、単調な水路と変化に飛んだ水路があります。

佐賀横武クリーク公園は変化に飛んだ水路となってます。障害物も多いこともさながらミニ橋・他の水路との接続部分、障害物や設置物が豊富にあるので良さげなポイントはどんどんチェックしていきましょう!

見極めも大事な要素

クリーク内と隣接するフィールドには、小さな野池になってる所も多くあります。

時期・時間によっては水路側よりこのような小さな野池になってる方がバスが居つくことも十分にあります。しかも、普段から野池などを相手にしてるアングラーからすれば、心休まる場所でもありつい長居してしまう可能性もあるので注意しましょう・・・ダメと思ったらすぐに引き上げが大事です。

ついにでた、佐賀名物をGET!

色んな障害物に惑わされながらも、ここぞと言うところで投げまくってるとついに出ました!佐賀県名物の雷魚!!

死んだ目でブレードジグを投げていたら横から持って行ってくれました。佐賀県で雷魚が釣れるとなぜか佐賀県!!って感じがして来ますね。

心なしか福岡の雷魚より全力で竿を折に来てる感があって好きです。雷魚釣りの人が増えるのもちょっとわかるくらい引いてくれます。

でも、雷魚の歯を見るとその気分は速攻消えるので、できるだけ見ないことをオススメします。

佐賀県は想像以上に情報戦だ!!

今回は佐賀県の横武クリークでほぼ1日魚釣りをしてみましたが、佐賀名物の雷魚を除けばほぼ惨敗の結果となりました。

しかし、名物が釣れると心豊かです・・・やり遂げた感あります。県内に張り巡らされた多くの水路・障害物・設置物を眺めていて思ったのが、どうしても釣れる場所の情報が足りてないと感じました。

情報があれば広大なチェックポイントを絞ることができるので、釣れる確率は上がります。逆に情報無しで無闇に投げ続けると運が悪いと、バスにも雷魚にも辿り着けない場合があるので地元の釣具屋・釣り友達などから情報を引き出すことが大切です。

きっと情報さえ引き出せればとても楽しいフィールドとなるはずです

佐賀野池でのバス釣り第二ラウンド!リベンジマッチ記事

惨敗を佐賀県に再び舞い戻ったはなびっち!季節は新緑の5月から夏真っ盛りの7月に突入。激タフコンディションの中でブラックバスバスを探して佐賀中を駆け回るリベンジマッチ回。

佐賀と言えば北山ダムでのバス釣りもいいよね

佐賀県と言えば佐世保バーガー・小城羊羹・北山ダム!ということで免許無しでもボートに乗れる北山ダムにやってきたはなびっち!北山ダムでのバス釣りに夢を見つつ、初挑戦のボートで座礁する始末・・・果たしてブラックバスは釣れるのか?

関連記事&スポンサードリンク



おすすめの記事