【バス釣り】シャッドで釣るために大切な2つ使い方!

シャッドサムネ




はなびっち
今回は秋と冬に大活躍するシャッドの使い方とその使い所をご紹介していきますよ!






バス釣りルアーシャッドについて

シャッド1

バス釣り用ルアーの中で秋・冬によく使われるルアーにシャッドがあります

シャッドの見た目はクランクベイトより細身でミノーよりリップが長いのが特徴です

ぱっと見では小さなクランクベイトやミノーなどと見分けがつかない時もあります

ルアーとしてはイマイチパッとしないシャッドですが秘めているポテンシャルは非常に高く高速リトリーブからジャークまで幅広い釣りのスタイルに対応してくれます

さらに最近では小柄で小さなシルエットのシャッドでも高飛距離が叩き出せてルアーのリトリーブ時も非常に安定して使えるルアーが多くなってきました

シャッド自体のお値段もびっくりするくらい高いものはそうそうないのもいい点ですね

秋・冬の時期となれば多くの釣具店で時期のオススメルアーとしてディスプレイやポップが貼られる事が多いと思います

しかし、実際シャッドとクランクベイトの違いや使い所などがわからずメタルバイブなどに役目を取られてしまいがちのシャッドですが

2つの基本的な使い方だけを覚えてしまえば秋・冬・春のバスに対してメタルバイブを投げるかシャッドを投げるかの選択肢として手札の1枚として非常に心強い存在となるのでチェックしてきましょう!

秋・春に超効く高速リトリーブ!

シャッドでバスを釣るための基本的な使い方の1つにリトリーブがあります

リトリーブはただ巻きです

ですがただ巻くのではなくて高速で巻く事でシャッド自体の性能を発揮しながらバスが狂ったように釣れるようになります

シャッドで高速リトリーブするとすごい速度で手元に戻ってきますが基本的にはバランスを崩しません

さらに、そのシャッド自体のボディが小ぶりのために巻き負担も非常に軽くタックル・アングラーに負荷を与えません

それでいてストラクチャー・カバーなどに接した時はリップでしっかり回避してくれます

シャッドの高速リトリーブでバスを釣った事が無い方はどれくらいの速度でシャッドを巻いてくれば良いかどうかの判断が付かないかもしれませんが基本的にシャッド自体のバランスが壊れない程度であればどれだけ早く巻いても大丈夫です

早ければ早いほどバスをリアクションバイトに持ち込む事ができるのでどんどん高速で巻きましょう

人間が思っている高速リトリーブの速度はよっぽど真冬で無い限りバスからしてみればたががしれている速度です

この高速リトリーブは晩秋バス・春バスを狙う時には1番オススメできるシャッドテクニックの1つです

子バスからデカバスまで1つの野池・川でハマれば数をすごくの伸ばす事ができます

シャッドで高速リトリーブを使用している場合は足元までバスが本気で追いかけてくるので気を抜かないようにしっかり足元まで巻きましょう

【ポイント】一定の速度で巻く事

シャッドの高速リトリーブでバスを釣るためのポイントは一定の速度で巻いてしまう事です

どれだけ早くリトリーブを始めたとしても最初の速度を維持して巻いてしまってください

途中で速度が緩んでしまったりするとせっかく追いかけていたバスが見切ってしまう場合があります

途中で速度を落とす場合は巻くのを緩めるのではなくて一旦ピタッと止めてあげたほうがバイトを誘発しやすいので覚えておくと釣果アップに繋がります





ジャーク

シャッドでバスを釣るための2つ目の使い方としてジャークがあります

ミノーでもおなじみのジャークですがシャッドのジャークは表層ではなくて中層まで潜って行います

表層ジャークほどキレのあるアクションは出せませんがシャッドでの中層ジャークの強みアクションのキレではありません

ジャークに絡めてしっかり止めてある事が一番重要になってきます

ジャークで反応して追いかけていた魚が急にルアー止まったので止まりきれずに激突してくる事や

いっきに間合いが詰まったのでバイトに至る事が非常に多いです

これはリトリーブ中に止めて食わせるよりのジャークのほうが有利となっています

オススメの季節は冬・真冬でのバスを狙う時にメタルバイブでは浅すぎる部分やメタルバイブでは攻めきることのできないカバー・ストラクチャー周りを狙うのに非常に適しておりワームよりバスに口を使わせることができるようになるのでぜひ、試してみてください

【ポイント】食わせの間

シャッドのジャークアクションで1番大切なのはアクションのキレよりも食わせの間です

1回ジャークで1回止める、2回ジャークで1回止めるなどしっかりバスがルアーにバイトできる食わせの間を用意してあげることで冬・真冬の低活性時でもバスがシャッドにバイトできるタイミングを用意してあげます

冬・真冬に食わせの間を用意せずにジャークだけしているとバスが追いつけずにせっかくのチャンスを取りこぼしてしまうので注意が必要です

シャッドの使い所について

バスをシャッドで釣るためのオススメの使い所をご紹介してきましょう

  • 岩場
  • テトラ
  • 打ち杭周り
  • 護岸

シャッドではこのような通常のルアーではロスト覚悟で狙うようなところをどんどん打っていきます

シャッドではストラクチャーやカバー周りを打った際に障害物にコンタクトした時に綺麗にヒラを打たせてバスにアピールさせる事ができるのでロストは以外にも少なかったります

さらにこのような場所は基本的に真冬であろうがバスが付いている場所なのでジャークなどで誘って止めて食わす事ができるのも良い点です

このような場所はメタルバイブでは狙う事が難しず基本的にはロストしてしまいますのでここはシャッドの出番です

メタルバイブより細かく繊細にバスを誘う事ができるようになります

さらに高速リトリーブなどでも激しくヒラを打たせながらカバー周りをチェックできるので晩秋・春先のバスの数釣りが楽しめたりと実は出番が多いのがシャッドです

シャッドで晩秋・冬・春バスをいっぱい釣ろう!

シャッド2

バスをシャッドで釣るための大切な2つのアクションと使い所をご紹介していきました

秋・冬・春のバス釣りといてばスピナーベイト・メタルバイブ・ミノーと大きく頼りにされるルアーがイメージされると思いますが

実はシャッドもバスを釣るための非常に高いポテンシャルを秘めており使う時期・アクションをしっかり選べば上の3つを超えるほどの釣果を叩き出します

特に晩秋のバス・春先のバスを探す際の高速リトリーブはバスが狂ったようにシャッドに激突してくるので数釣りを楽しむ事ができますし、しっかりとしたサイズ感のバスを手にする事が可能です

いろんなメーカーから様々なタイプのシャッドが販売されていますが基本的な使い方は変わらないのでぜひ、お好みのメーカーのシャッドを使用してみてくださいね

晩秋・春先のシャッドでの高速リトリーブで元気な激突バイト

冬はジャークからのストップからのやる気のない小さなバイト

上の2つは本当にオススメだから使ってね( ˘ω˘ )めっちゃ釣れる

この記事で釣れてるシャッドはこちら!

関連記事&スポンサードリンク



シャッドサムネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと