【釣旅っと】雪舞う大分県フィッシングてらとこで極寒トラウトゲーム・釣り編




はなびっち
釣りと旅を楽しむ新企画、第1回は大分県九重でトラウト釣り、温泉、美味しいものを満喫の1日をお届け!!

新企画「釣旅っと」

魚釣りのために遠出したのにそのまま帰るなんて勿体無い!

遠出したその先で美味しいものを食べたり、珍しいものを見たり、経験したりと遠出したその先で魚釣りをした満足感をさらに上げるための旅企画を新規カテゴリーとして追加します

メインとなるのは遠出した先の魚釣り、そして現地で美味しいものを食べたり、名物を体験したりと旅番組ちっくな記事をお届けしていきますよ!

普段の釣り記事ではお届けする事ができなかった釣り以外での様々なシーンを記事という形ではありますが伝えて行ければと思います

記念すべき第1回の釣旅っとは雪が降りしきる中「大分県のフィッシングてらとこ」でのトラウト釣りから始まり、冷え切った体を解凍するための温泉探し、そして地元の美味しいものを食べて帰るというとても旅ちっくな1日をお送りしますよ!

大分 トラウト フィッシングてらとこ

本日のフィールドは大分県にあるフィッシングてらとこ

大分県玖珠郡 九重町にポツリとあるフィッシングてらとこ

標高は高い所にある為に周りは森に囲まれておりキャリアによっては圏外必須の場所にあります

周囲を自然豊かな環境に囲まれているが故に車の音、電車の音、機械音とは疎遠で野鳥達の声と木々を揺らす風音を楽しむ事ができます

また、九州では非常に珍しく体格の良いトラウトが釣れる場所でもありフィッシングてらとこは九州でどうでも綺麗で体格の良いトラウトを釣りたいアングラーを夢中にさせる場所です

そんな、フィッシングてらとこに夢中になっているアングラーがここに1人・・・

バスが釣れない時期はどうしてもトラウトに甘えてしまう、二毛作アングラーの極寒トラウトゲームを釣り編でお届けしていきますよ!

三寒四温の冬に遭遇!

季節は4月上旬で日によっては日中の気温は20度を超える時もあるほど

アングラーにとっては寒さを忘れて釣りだけに集中できる季節に入ってきますが

日頃の行いが悪いのかトラウト釣りに行ったその日は三寒四温の冬に遭遇!

福岡では小雨程度だったのにも関わらず大分県の九重に入った途端に雪が降り始めました

フィッシングてらとこの場所自体も標高の高い所にあり現地の寒さは氷点下

スマホも低温すぎて上手く動作しない状態でスタート

極寒のトラウトゲームでも魚を釣る!

氷点下の雪が降る中でのトラウトゲームになりましたが、ノリとテンションで大分県まで来てしまったので何もせずに福岡に帰るわけには行きません

移動中の車の中で雪がちらつくのみて何度か温泉旅行に切り替えてしまいたいと思いましたが何もせずに入る温泉よりも寒さに耐え切った後の温泉の方がきっと心地良いはずです

何よりこんな極寒の状況でもトラウトは限られた池に点在しています

限られたフィールドにいる以上は釣り人の腕次第でトラウトに口を使わせる事もできます

さらに、実は人間が寒さのせいで辛い思いをしているだけで、トラウトからしてみれば寒いくらいがちょうどいいくらいの感覚でしょう

元々は標高の高い山々の清流を住みかとしている魚だけあってある程度の寒さには強くて逆に暑さに弱いという事もありバスより活性は非常に高いのも良い点ですね

基本はスプーンの釣り

どんなに極寒の状況でもまずはスプーンでシャローからチェック行きましょう

シャローからボトムまでスプーンであれば幅広くチェックして反応が無ければ

フィッシングてらとこではスプーンのリフト&フォールをオススメします

リフト&フォールの後にスプーンのステイを長めにしてみましょう

オススメは30秒、長くて1分程度と長い時間でのボトムステイを試してみてください

ボトムにある藻の中にスプーンを見つけてトラウトの方からついばんで来てくれます

オススメのカラーはピンク・赤のボトムにあっても派手で目立つ色が反応が良いです

ミドルレンジはクランクで抑える

スプーンでのシャローレンジ、ボトムレンジに対しての魚釣りはスプーンのコントロールがイメージ通りにできると思いますが難しいのがミドルレンジでの使い方

スプーン特性的にミドルレンジを維持するのは非常に難しいため綺麗に狙い切れてるか怪しいところがあります

そこはクランクベイトに任せてしまいましょう

シャロー、ボトムは探れませんがミドルレンジは綺麗に攻めきることができます

スプーンでチェックできたあとはミドルレンジの魚も狙ってみましょう

フィッシングてらとこでは朝・夕方のタイミングでクランクベイトが有効となって来ます

昼間はボトム系のルアーに反応が良くなるみたいです

てらとこで1匹釣るならボトムダーター!

フィッシングてらとこで1匹を釣るなら絶対オススメできるのがボトムダーターです

朝・夕に関してはクランクベイトに反応が良いですが

昼間はボトム系ルアーにしか良い反応を示してくれません

どうやらトラウト自体がスレきっている様でボトムに付いてる物体にしか安心感を抱けない様です

スプーンをどんな層でそんな速度で巻いても反応が無いのに

スマホを触ってる間のスプーンのボトム放置で反応があると言う事が頻発してますので、ルアーがボトムに触れている事が重要なのでしょう

ボトムにルアーを設置して置かなければならないので積極的にボトムを狙えてリアクションも可能な物となってくるとやはりボトムダーターがベストな選択でしょう

雪降る氷点下の中でもトラウトは楽しい!

雪が舞う氷点下のフィールドでもしっかり魚を把握していくとこで数を稼ぐ事ができました

九州では滅多に釣る事ができない様な体格のトラウトが釣れるので寒くても良いファイトを楽しめます

フィッシングてらとこは結構難しいフィールドはあるものの釣れるルアー・パターンを掴めば途端に楽しく魅了されるフィールドに早変わりです

ぜひ、ボトムダータを握りしめて駆け込んでみてください!

氷点下の雪舞う中で釣り切ったので身体が冷え切っております・・・温泉が凄く楽しみ

観光編はただいま編集中!ちょっと待ってね( ˘ω˘ ) スヤァ…

前回のフィッシングてらとこ攻略記事はこちら

【管理釣り】大分県九重のフィッシングてらとこに挑む!

2018.03.18

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと