【バス釣り】最近流行りのジカリグを作成してみよう!




はなびっち
はい、今回のリグ作成講座はジカリグ!

最近何かと流行ってるような気もするジカリグを作成していきましょう

テキサスリグを作成した事ある方ならとっても簡単ですよ!

ジカリグについて

バス釣りに使うジカリグについてですが

見た目はすごくシンプルなリグとなっています

針先に重りが直接セットされています

ぱっと見はテキサスリグと似通ったような姿形となっています

ジカリグは最近急に出てきたような感じを覚えますが

数年前からそのリグの存在は知られておりテキサスリグとの使い分けが

できてる方にとっては釣れるリグとしてバス釣りシーンを支える重要なリグとなっていたでしょう

最近になって急に使われるようになってきたのはやはり

ジカリグ専用のフックが発売されるようになったからではないでしょうか?

ジカリグはシンプルに見えてパーツパーツを組み合わせて作成するのはやはり面倒です

しかし、あらかじめパーツを組みわせてあるものが販売されれば

不便というデメリットを補いつつ

リグの作成がやりやすいというメリットが出てきました

確かしかに同じようなリグでテキサスリグがありますが

テキサスリグではどうしても一手間かかってしまうので

ジカリグで代用する人が増えてきたのかもしれませんね

それではそんなジカリグの作成方法と使い所をチェックしていきましょう!

ジカリグに必要なもの

ジカリグ作成に必要なものですが

見た目のシンプルですがリグに必要な小物も数が少ないです

特に最近はジカリグ用のフックが販売されているので

ワームとジカリグ用のフックの2つで作成する事ができます

それでは、必要なのもを見ていきましょう!

メインとなるワーム

ワームに関してはテキサスリグと比べて使用できる

ワームの種類が非常に広いジカリグですが

やはりジカリグにすると良い動きができるので

今回はクリーチャー系を使用しました

ジカリグ用のフック

こちらはジカリグ用のフックです

すでにフックに重りがセットされているので

パッケージから出してすぐに使用する事ができます

ジカリグ用のフックは値段がちょっと高い気がしますが

フックと重りが一緒になっているので値段相応ではないでしょうか?

ジカリグを作ろう!

それでは実際にジカリグを作成してきましょう!

それぞれのパッケージからワームとフックを並べてみました

必要なものはたったこれだけなので

セッティングが比較的簡単な方であるテキサスリグよりさらに

セッティングが簡単になってますね

ワームにフックを通していく

ワームにフックをセットしていきましょう

フック自体はオフセットなのでメインとなるワームがオフセットに対して

小さすぎないか大きすぎないかでなければワームの種類を選ばないのはいいですね

ジカリグ用のフックを1つ持っていれば

用意してきてるワームへ幅広く対応してくれるのでオススメです

フック自体に重りがついてるのでちょっとセッティングがしづらいかもしれませんが

フックのセットは前回のテキサスリグや通常のオフセットセッティングと変わりません

前回テキサスリグ作成講座を見られた方や普段からテキサスリグをよく使う方からすれば

シンカーを通す手間が省けたような形になるので試したくなるのではないでしょうか?

テキサスリグ作成講座はこちら

【バス釣り】初心者におすすめのワームを使ったテキサスリグ作成講座 動画編!

2017.07.24

【バス釣り】初心者におすすめのワームを使ったテキサスリグ作成講座!

2017.07.22

ジカリグの使い所

では、作成したジカリグの使い所ですが

考え方はテキサスリグと変わりありません

カバー周りや地形変化が多い場所のボトムなど

幅広く対応してくれます

では、テキサスリグとの使い分けはどうすれば良いかと言う事ですが

テキサスリグはラインがボトムやカバーに触れてる部分が多いため

軽いカバーや地形変化のゆるい岩場など使用してもラインブレイクなどはあまり気になくて良いですが

ハードカバーや地形変化の激しそうな岩場では

テキサスリグのようなシンカー付近のラインはボトムに触れる形になるので

どうしてもカバーや岩場などでなどのラインブレイクを起こす場合がありますが

ジカリグではシンカーが下にありラインはボトムから離れているので

格段にラインへの負荷を減らしてくれますので地形での使い分けをオススメします

さらにシンカーがワームの下に配置される形になっているので

ワームがボトムから少しだけ浮いてる状態になります

ワームがボトムから少しだけ浮く状態になると言うことは動きが発生します

なのでクリーチャー系のワームなどを使用すれば

ボトムではバスには反則的な動きを出してくれます

ここまで見てみるとテキサスリグよりジカリグの方が良いのでは?と思われますが

それぞれのリグには適材適所あるので両方覚えて使い分けを行いましょう

使い分けができていればジカリグのワームが少しボトムから浮くのが良い場合と

テキサスリグのワームがボトムとぴったりくっついてる方が良い場合がありますので

ぜひ、両方のリグの作成方法を覚えて使用してみましょう!

今回使用した釣具

クリーチャー系ワーム

 

 

ジカリグの専用フック

 

その他のリグ作成講座はこちら

【バス釣り】初心者にオススメの必殺ワームリグ、ネコリグ作成講座!

2017.07.29

【バス釣り】初心者におすすめのワームを使ったテキサスリグ作成講座!

2017.07.22

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと