冬バスを追いかけて、野池巡り




( ‘ω’)はい、こんにちは

3月に突入しましたけど

今回の記事は2月末です・・・ちょっと時差あるけど許してね!

冬バスを追いかけて野池を巡った1月と2月・・・

目にした魚は 鯰、鯉、鮒 ・・・

バスが・・・バスは一体いつなったら釣れるのか

毎年同じ事言ってる気がするけど、これが冬なのです

 

まず、やってきたのは住宅地にポツンとある結構大きめの野池

数年前と状況が違うところは、家が増えたのと

野池で釣りしてOKな場所が減ったところのみ

寒さは毎年お馴染みというところで


ザリメタル 9g をボトムホップで投げ続けます

正直この季節ってもうこれ以外にあまり投げたくないのが本音・・・

リフト & フォール と ボトムホップで釣れないと

さらに細かいことをしないと釣れないので

そのあたりの魚は最初から見切りたい感じです

全く釣れない悲しみに襲われながらも

別の減衰野池に避難して冬バスを探します

2月末なのに釣り人は結構見受けられました

やっぱり、冬バスを求めてる釣り人は多い感じがあります

減衰野池にあからさまなポイント・・・

今まで何百人と打たれてきたであろうポイントですが

投げないわけにはいかないので、そっとザリバイブを投げ込みます・・・

着水してから底まで沈めて ホップさせてると

職人さんが使う アレが釣れました・・・

こんなの釣ったの人生で初です

これはもう、職人さんに転身するしかない気がしてきます

野池でこれを見かけた人は、軽く握って見てください

職人さんの思いが伝わってくるかもしれません

はなびっちには冷たい水の温度が伝わってきました

やる気が職人さんに上書きされているようです

そして、最後はいつもの小さな水路系で

最後の望みを探します・・・

しかし、やっぱり冬のようで全く反応無し・・・

早くザリメタルで魚釣りたい

この回の動画編集中なのでもう少し待ってね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと