冬バスを探して、ご近所で魚釣り

(๑╹◡╹) はい、はなびっちだよー

12月になってしましました・・・

年内もあと何匹魚を釣ることができるのか

そもそも、年内に何回魚釣りに行けるかも分かりません

正直なところ寒すぎて・・・お家を出るのが嫌すぎる

それでも、行くのです魚釣りに

thumb_img_6428_1024

(๑╹◡╹) 寒いと言えば・・・水路系がいいよね

小場所ならバスも釣れてくれるはず

広い野池もいいけど、近くにこんな小場所があるなら

ちょっと覗いてみるのもありと思いますよ

thumb_img_6429_1024
とりあえず、スピナーベイトから投げていきます

投げるのは・・・super eruption jr  jackall

スピナーベイトはこれしか投げてない気がします

小場所だからざーと投げて、ざーと釣りたいところですが

3投目でロストしました・・・ただのへっぽこ釣り人感がなんとも言えませんね

正直、12月なんてこんなものです

魚の数は伸びないのになぜか釣具だけが増えていきます

このブログでは魚の写真がない記事が増えていきます

thumb_img_6430_1024
スピナーベイトにお別れを告げて

ミノーに変更

フラット95F DUEL

ミノーどれ買っていいかと言われたら、おすすめしたい1本です

投げて、巻いて、時々ジャークする感じで良いと思います

基本投げてすっごい早巻きでも楽しいです

ちょっと、投げて反応無しなので移動

thumb_img_6434_1024
thumb_img_6436_1024

(๑╹◡╹)はい、こちら・・・一見ただの藪ですね

実はここも数年前は、バスが良くてれていた野池でした

ですが、今はご覧のように藪だらけで入れるように見えません

ですが、水はあるみたいなので勇気出して入ってみます

小さい頃なら躊躇無しに入って行きましたが

大人になると冒険心が薄れるみたいで

入るの躊躇してました・・・

thumb_img_6438_1024 thumb_img_6439_1024

(๑╹◡╹) 新大陸にたどり着いたぞ!

藪の先に見つけた一人分の足場に感動です

近くにこんなところがあれば

薄れた冒険心をどうにかして藪に入ってみましょう

thumb_img_6440_1024

thumb_img_6442_1024
thumb_img_6444_1024
藪の先にはいかにも釣れそうな野池が待っていました

頑張って藪に突っ込んだ甲斐があります

夏場だったらもう釣れたも同然でしょうが

本題はここからです・・・

おもむろにミノーを投げてみますが

衝撃の事実が発覚します・・・浅いのです

多分推進 1m もない感じです

この野池・・・魚はもういないのでは?

頑張って辿り着いた新大陸にさよならしました

また、夏ぐらいに来ましょう

thumb_img_6451_1024

(๑╹◡╹) 次はこちらですね・・・川です

ここはどこの川だと思ったそこのあなた!

なんとここは遠賀川なんです・・・

結構な範囲でバスがいますが実際この辺ではバス釣ったことないです

もう少し上の方だと釣った経験あるんですけど

でも、結構人が釣りしてるみたいで道ができています

thumb_img_6453_1024
実はこのあたりは深さ・カバーストラクチャーが全て良い感じで整ってるんです

季節は冬なので川であれば少しでも深いところがあれば良い場所かもしれません

ちなみに、覗くと雷魚か鯰が休憩してました

鯰か雷魚がいればバスもいる謎理論をわかってほしい

thumb_img_6458_1024
メタルバイブを投げてたいところですが

ここは荒れ狂う恐怖の遠賀川ということで

ザリバイブを選択してリフトフォールで流していきます

フォール中の様子を見たりしましたが

反則的な動きをしています・・・これがシミーフォールと言うのね

ストンと落ちずにゆらゆら落ちます

割とおすすめです・・・早く魚釣りたい

thumb_img_6461_1024

ザリバイブを投げ続けるも、何事もなく・・・

夕日が沈んでいきました

眩しいです、果たしてこのブログでは年内中に魚の画像を載せる事ができるのか!

ヾ(๑╹◡╹)ノ” そんな感じでー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本全国でちょこちょこ目撃されるが、具体的な生態は不明な釣り人 釣り対象はバス・トラウト等を主に淡水系の魚をメインに活動中! 最近の口癖は冬が来る前に冬眠したい 釣り仲間も募集中とのこと